【次の百年に踏み出した宝塚歌劇(4)】「芸能界」との融合進むなかで際立つ変えるものと変えないもの

印刷

   百周年の2014年は、生徒(劇団員)のメディアへの露出が頻繁だった。ドラマやバラエティー番組などではOGの活躍も目立ち、改めて「タカラヅカ」を認識したという人も多かったようだ。

  • 宝塚百周年の2014年11月、柚希礼音は現役生徒として16年ぶりに武道館でライブを行い3公演で2万5500人を動員。総合プロデュースは、TRFのSAMさんが担当した
    宝塚百周年の2014年11月、柚希礼音は現役生徒として16年ぶりに武道館でライブを行い3公演で2万5500人を動員。総合プロデュースは、TRFのSAMさんが担当した

「芸能界」のヅカファン

   俗にいう「芸能界」とは一線を画す宝塚だが、その芸能界には意外と宝塚ファンが多い。ラサール石井さん、谷原章介さん、及川光博さん、岡江久美子さんなどは以前から「ヅカファン」を公言していたし、フジテレビの笠井信輔アナウンサーなども長く宝塚を見ており、14年10月に大阪で行われた百周年記念大運動会では総合司会を務めていた。

   最近では、AKBの渡辺麻友さんや女優の北川景子さんの姿を劇場で見かけることもある。女優の矢田亜希子さんのブログやゴールデンボンバーの歌広場淳さんのツイッターなどにもしばしば宝塚ネタが登場する。また、近頃はさまざまな劇場でミュージカルが上演される機会が増え、「勉強のため」と宝塚を訪れる舞台人も多い。なにしろ宝塚は第1回公演「ドンブラコ」から〝ミュージカル〟を上演している。美容やファッション業界などにもファンが目立つ。こうした発信力のある理解者の存在は、宝塚への関心を高め新たなファンを呼び込むきっかけになっているだろう。

"外界"との仲人らによる触媒効果

   一方、劇団スタッフの中からも外の世界との橋渡しをする人が現れている。たとえば14年に紫綬褒章を受章した歌劇団の演出家、小池修一郎氏は、ミュージカルの演出家として外部でも引っ張りだこの存在だ。東宝ミュージカルの「エリザベート」「モーツァルト!」などを手がけているほか、昨年はSMAPの香取慎吾さんが主演した「オーシャンズ11」の脚本・演出を担当した。この作品はもともと同名のヒット映画を宝塚が初めて舞台化し、11年(宝塚大劇場)と12年(東京宝塚劇場)に星組が柚希礼音(ゆずき・れおん)主演で、13年には花組が蘭寿とむ主演で上演して人気を博した作品だ。香取バージョンは、制作も宝塚歌劇団。宝塚版とほぼ同じ脚本と音楽を用いての公演だった。宝塚の作品がそのまま外でも成立することはちょっとした驚きだった。

   15年5月に退団予定の星組の柚希は14年秋に、現役生徒としては真矢みき以来16年ぶりに武道館でライブを行い、2日間(3公演)で2万5500人を動員した。この公演の総合プロデュースはTRFのSAMさんが担当。前例がほとんどないといえる生徒単独の公演は、歌劇団の小林公一理事長が歌劇団の機関誌「歌劇」のなかで「普段の大劇場とは違う雰囲気」あるいは「映像を駆使した武道館ならではのスケールをいかしたコンサート」と述べるなど、「宝塚」がカバーするフィールドは確実に広がっており、外の世界との間にある垣根が低くなっていることを印象づけたものだ

   ただし、垣根を一段と低くするチャレンジをしたその柚希が14年8月の退団発表の記者会見で語った言葉には耳を傾ける必要があるだろう。

「現代的な要素もありつつ、伝統としての男役はずっと続けていかないと宝塚というものがなくなってしまうので、そこは繋いでいってほしい」

   変えるべきものと変えてはいけないもの―このあたりのバランスと舵取りがこれからの重要な課題となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中