「塩レモンチキン」、「ローズマリーチキン」など ハウスからメニューに合わせたシーズニングスパイス3種類が新登場

印刷

   ハウス食品は2015年2月16日、「スパイスクッキング」シリーズから「塩レモンチキン」など3種類を発売する。

  • メニューに合わせてブレンドされた
    メニューに合わせてブレンドされた

余りが出ない、使い切りサイズ

   「ハンバーグ」や「チキンのハーブ焼き」などメニューにあわせてスパイスや調味料がブレンドされた、使い切りサイズのシーズニングスパイス。

   「塩レモンチキン」のほかは、「ローズマリーチキン」、「アボガドと豆腐のサラダ」。

   「塩レモンチキン」はブラックペッパーやガーリックの風味に、レモンの酸味とさわやかな後味のタイムなどを組み合わせた。炒めた肉にからめるだけで使える。

   「ローズマリーチキン」はローズマリーのさわやかな香りが鶏肉しっかりとからむように仕上げた。チキンだけでなく、ポテトにも合う風味が特長。

   「アボカドと豆腐のサラダ」はパセリ、タイムなどのハーブに組み合わせたペッパーやガーリックのコクが特長。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中