2018年 9月 25日 (火)

【ヤバい】イクラ丼の「二郎」に挑むヤツは出てこい! 東銀座「いろり家」の「船上めし」はハンパないドカ盛り

印刷

これでもかと盛られた大量のイクラが、「二郎」のごとく天に向かってそびえ立つ。美味しい海鮮料理や炭焼き料理を味わえる東京・東銀座の居酒屋「原始炭焼 いろり家」に驚きのドカ盛り丼ぶりがあった。

料理の名前は「名物 船上めし」。「よいしょ!」の掛け声とともに、北海道知床産のイクラを店員が盛りまくる。ぐるなびの店舗紹介ページには「イクラの宝石箱やーー!! イクラ1年分食べられます!」と書いており、自信のほどがうかがえる。

確かに、これほど大量のイクラを一度に味わえる機会はそうないだろう。写真を見る限り「1年分」と言ってもおかしくない量だ。ツイッターには「挑戦者」の食った報告が次々寄せられていた。

「名物 船上めし」はメディアでも度々紹介されてきた店の看板商品。そのインパクトはそんじょそこらの海鮮丼を軽く凌駕する。

気になるお値段だが、小盛で2480円(税抜)、中盛で2980円(税抜)、特大で3980円(税抜)だ。

やや値は張るものの、挑戦する価値は大ありだろう。

店舗の営業時間は平日17時から翌朝4時、土日は17時から23時までだ。平日の11時半から13時半まではランチタイムだが、弁当販売のみとのこと。不定休があるそうなので、訪れる前に店舗(050-5799-2791)へ確認しておこう。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中