スパークリングワイン「ニッカシードル紅玉リンゴ」期間限定発売 弘前工場で製造、マッサン夫妻ラベル

印刷

   アサヒビールは、リンゴ100%のスパークリングワイン「ニッカシードル」ブランドから、限定醸造「紅玉リンゴ」を、2015年3月10日から全国で発売する。6月末までの期間限定販売。

  • アルコール度数3%と飲みやすい。
    アルコール度数3%と飲みやすい。

爽やかで甘酸っぱいシードル

   水を一切加えず、糖分・香料・着色料を加えない「ニッカシードル」独自の製法により、「紅玉リンゴ」そのものが持つ特有の酸味、フレッシュな香りを活かした、爽やかで甘酸っぱい味わいに仕上げている。製造は青森県にあるニッカウヰスキーの弘前工場で行う。

   ラベルデザインにはリンゴのイラストを大きく配置。ニッカウヰスキーの創業者で、放送中のNHK連続テレビ小説「マッサン」の主人公、マッサンのモデルとなった竹鶴政孝と竹鶴を支えた妻・リタを表したキービジュアル「マッサンとリタの物語」が入っている。

   200mlと720mlの2種類。価格はどちらもオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中