2019年 11月 13日 (水)

「爆買い」で大人気の温水洗浄便座 外国人観光客の意外なおみやげ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   外国人観光客のおみやげといえば、こけしや和紙といった伝統工芸品が定番だったが、最近は次々に新顔が出てきた。ポケットティッシュや胃薬、文房具、爪切り、さらには炊飯器、トイレまで、日本人も驚くほど多岐にわたる。訪日客が増加するなか、最新の外国人向けおみやげ事情について知っておきたい。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」https://books.j-cast.com/でも特集記事を公開中。

  • 世界一のトイレ ウォシュレット開発物語
    世界一のトイレ ウォシュレット開発物語
  • おにぎりレシピ101
    おにぎりレシピ101
  • 外国人だけが知っている美しい日本
    外国人だけが知っている美しい日本

至れり尽くせりのトイレの裏舞台

   今年(2015年)も春節セールで中国人観光客の「爆買い」が話題になった。とりわけ、注目されたのが温水洗浄便座だ。なぜ、そんなものをおみやげに持って帰ったのか、と中国でもニュースになったそうだ。『世界一のトイレ ウォシュレット開発物語』(著・林良祐、778円、朝日新聞出版)は、温水便座開発の舞台裏の話である。

   素人には分からない苦労があったと察しられるが、最初の壁は「肛門の位置はどこか」「お湯の温度がどれぐらいか」「どんな角度に当てるのか」という3点だったらしい。トイレにこもって、こればかり研究した人もいる。完成してみれば、脱臭、フタの自動開閉など「かゆいところに手が届く、至れり尽くせり」の日本人ならではのハイテクトイレと称賛され、人気のおみやげとなったわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!