2021年 9月 17日 (金)

桜のこと、何も知らなかったかも...花舞う春に読みたい本

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

桜に一生を捧げた男の物語

   桜の研究といえば、笹部新太郎という伝説的な人物がいた。明治生まれの笹部は、東京帝国大学法学部を卒業後、犬養毅の秘書を務めたエリートでありながら、定職に就かず、日本全国をめぐり、桜の固有種の研究と保護に私財を投じた。現在も花見の名所として名を馳せる大阪造幣局の通り抜けや奈良県の吉野などは、笹部の管理・指導によって今の姿となっている。

   直木賞作家である水上勉が、笹部をモデルに描いた小説が『櫻守』(新潮社、723円)だ。なつかしくおだやかな関西弁がじんじん心にしみていく。1967年に毎日新聞で連載された作品が書籍化されて以来、長く愛されている名作である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!