2021年 9月 17日 (金)

桜のこと、何も知らなかったかも...花舞う春に読みたい本

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

本屋さんが絶賛する気鋭作家の新作

   インタビューに呼ばれたり、SNSで推薦されたり、書店員からの評価がめっぽう高い彩瀬まるという作家がいる。今月発売された彼女の最新作は、桜の季節が舞台だ。その名も『桜の下で待っている』(1512円、実業之日本社)。桜の木を縫うように新幹線が走る、ほのぼのした表紙をめくると、東北新幹線で北上する男女5人の「ふるさと」にまつわる連作短編集が始まる。第5話はタイトルと同じ『桜の下で待っている』だ。両親が離婚している主人公の「さくら」は、自分には「ふるさと」と呼べる場所はないと思っているが...。新幹線の隣の座席に座っていそうな"普通顔"の主人公の心情がていねいに描かれ、自然と話に引き込まれた。「はじまりの物語」というだけあって、読後はちょっと気持ちがいい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!