春季限定の「桜ほうじ茶」 ほんのりとした塩気と上品な香り

印刷

   ほうじ茶専門店の「森乃園」(東京都中央区)は、「桜ほうじ茶」を2015年3月14日から販売している。

   伊豆大島産の桜葉を塩漬けにし、乾燥させた。より香りが強い粗挽きで仕上げ、自家焙煎の京都宇治産ほうじ茶とブレンド。

   お湯をそそいだ瞬間に、ほうじ茶の香ばしさと桜の上品な香りが広がる。ほんのり塩気があるので、甘い和菓子との相性も良い。

   価格は茶葉タイプが100グラム1300円、ティーバッグタイプは20個入りで1620円(いずれも税込)。4月末までの限定販売。

  • 和菓子との相性も良い
    和菓子との相性も良い
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中