2020年 7月 11日 (土)

「鉄腕アトム」がついに...進化するロボット技術

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   1963年にテレビアニメ化された「鉄腕アトム」では、想像上のものでしかなかったロボット。1999年、限定3000台が20分で完売したソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」をはじめ、ソフトバンクの感情を認識するpepper(ペッパー)や、自動掃除機ルンバなど、現代では人間の生活のなかでも存在感を高めている。ロボットの最新技術はどこまで進んでいるのか? 人間との共存は? など、さまざまな角度から人間とロボットの新たな関係を読み解いていく。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

  • ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界
    ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界
  • ロボットは東大に入れるか
    ロボットは東大に入れるか
  • どうすれば「人」は創れるか:アンドロイドになった私
    どうすれば「人」は創れるか:アンドロイドになった私
  • ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界
  • ロボットは東大に入れるか
  • どうすれば「人」は創れるか:アンドロイドになった私

まんがで知る、ロボットの最新情報

   累計54万部以上の大人気シリーズ、ドラえもん科学ワールドの最新刊、『ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界』(監修・藤子プロ/科学未来館、まんが・藤子・F・不二雄、918円、小学館)。今回はドラえもんならではのテーマ、ロボットの最新情報を紹介する。

   昔は想像上の機械でしかなかったロボットが、科学技術の発達や技術革新に伴い、工場や家庭はもちろん、病院、災害現場、深海や宇宙にまで活躍の場を広げている。「超高齢化社会はロボットが支える?」「生活支援ロボットはここまで進化している!?」「日本はロボットの分野では世界の最先端なのはなぜか?」などの素朴な疑問や問題点を写真やイラストでわかりやすく解説している。ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏も、ロボットのストーリーを多数執筆! 日進月歩で進化するロボットの世界を楽しもう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!