2019年 5月 25日 (土)

1分間ラーメンはなぜ売れなかったのか あなたの時間感覚は?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   6月10日は「時の記念日」だ。遡れば天智天皇の10年(671年)のこの日、初めてつくられた水時計で時を知らせたといわれる。記念日となったのは1920年、時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろうと呼びかけたのが始まり。今では歳時記にも載っている。しかし、「時」というものについて意外に知らないことが多い。例えば、ラーメンと1分間はどんな関係があるのか――ちょっとした物知りになれます。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

  • 『改訂新版 文庫 時計の針はなぜ右回りなのか』
    『改訂新版 文庫 時計の針はなぜ右回りなのか』
  • 『「時間がない!」を卒業する200のアイデア 1日が25時間になる超時間節約術』
    『「時間がない!」を卒業する200のアイデア 1日が25時間になる超時間節約術』
  • 『10秒の壁―「人類最速」をめぐる百年の物語』
    『10秒の壁―「人類最速」をめぐる百年の物語』

カタログの時計はなぜ「10時8分」なのか

   週の始まりは月曜日なのか、それとも日曜日なのか。カレンダーをみると、左側の日曜から右側の土曜へ「日月火水木金土」と並んでいる。週末といえば多くの場合「土日」と思われているが、では、「今週の日曜日は?」といわれると、直前の日曜か次の日曜か一瞬迷ってしまう。

   『改訂新版 文庫 時計の針はなぜ右回りなのか』(著・織田一朗、734円、草思社)は、「時の研究家」がこんな「時」にまつわるウンチクを披露する。

   「時計の針はなぜ右回りなのか」を始めに「腕時計はなぜ左腕にするのか」「文字盤はなぜ0から始まらないのか」「カタログの時計はなぜ10時8分を指しているのか」といった素朴な疑問や、「正月が来るのを年々早く感じるのはなぜ?」「1分間ラーメンはなぜ売れなかったのか」「テレビとラジオで時間感覚はどう違うか」といった身近な不思議を解き明かす。「時の記念日」に読むのにぴったりの1冊だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中