2018年 7月 21日 (土)

注目ポイントはカメラ機能 エッジスクリーンだけじゃない!「Galaxy S6 edge」

印刷

   サムスン電子から2015年4月に発売された「Galaxy S6 edge(エッジ)」は、この夏の最強スマホの一角とされる。画面両端がカーブした「デュアルエッジスクリーン」が滑らかなフォルムをつくり、高度なカメラ機能も特徴のひとつという。その魅力を探るため、記者が数日間使用してみた。

  • 「Galaxy S6 edge」
    「Galaxy S6 edge」
  • カラーバリエーションも充実
    カラーバリエーションも充実
  • 「手のひら」でシャッターを切る
    「手のひら」でシャッターを切る
  • 自撮りもラクラク
    自撮りもラクラク
  • メインカメラも高画質(Galaxy S6 edgeで撮影)
    メインカメラも高画質(Galaxy S6 edgeで撮影)

明るく、きれいに撮影できる

   「S6 edge」最大の特徴は、曲面型ディスプレイ「デュアルエッジスクリーン」。14年10月発売の「Galaxy Note Edge」では画面の右側面のみだったが、「S6 edge」は画面の両端がカーブしているという世界初の試みだ。

   特徴はエッジスクリーンだけではない。カメラはF値(しぼり値)1.9のレンズをアウトとイン両方に搭載。光学式手ブレ補正のほか、HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影にも対応していて、逆光や暗い場所でも、明るくきれいに撮影できる。また、ホーム画面から約0.7秒でカメラが起動できるなど、シャッターチャンスを逃がさない工夫もされている。

   とくに注目なのは、「自撮り」によく使われるインカメラ(サブカメラ)。約500万画素のQHD(2560×1440ピクセル)画質に対応している。背面の心拍数モニターや、音声でシャッターを切る機能はそのままに、同機種では「手のひらにカメラを向ける」と撮影できる機能も搭載した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中