2019年 11月 18日 (月)

「芸」を極めるためには欠かせぬ「毒」 芭蕉が歩いた裏街道

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

■「悪党芭蕉」(嵐山光三郎著)

   「文人悪食」で数多の文士の私生活を食事から暴き出した著者が、芭蕉に後世つけられた「俳聖」などのいわば虚飾を剥ぎ取り、新たな人物像を提示する。大胆不敵な書だ。

  • 悪党芭蕉
    悪党芭蕉

芭蕉批判

   「芭蕉をけなすのは覚悟がいる」としつつ、著者は芭蕉愛好者の反発を承知で斬り込む。挑発的だ。芭蕉が衆道を好むことを正面から語り、関わりある句を示す。日本橋から深川への転居も、世俗からの隠遁といった美化ではなく、自分の妾と甥の不義密通を隠すためであったと抉る。

   句の批評も辛口が目立つ。名句は認めるが駄句と思えば切り捨てる。例えば辞世の句とされる「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」。著者は「芭蕉の目に立ち戻って考えると、この吟は仕損じである。」と断じてしまう。しかも、高名な国文学者が「この句は芭蕉晩年の理想である軽みが高度に具体化されている...芭蕉が生涯をかけた俳諧の心はこの枯野の心象風景に収斂される」とまで絶賛していることを紹介した上での批判である。確信犯としか言いようがない。

【霞ヶ関官僚が読む本】現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で「本や資料をどう読むか」「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!