"原発テロ"に立ち向かう男たち 東野圭吾の同名小説を映画化「天空の蜂」9月12日公開

印刷

   東野圭吾さんの原作をもとに、江口洋介と本木雅弘を主演した映画「天空の蜂」が2015年9月12日に公開される。日本最大の超巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるという "原発テロ"に立ち向かう人々の8時間のドラマを描いた。

  • "原発テロ"に立ち向かう2人
  • 出演者ら
    出演者ら

江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛らをキャスティング

   1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ「ビッグB」が、小学生の高彦を乗せたまま突如動き出し、福井県の原子力発電所「新陽」上空に静止。遠隔操作によるハイジャック犯は自らを「天空の蜂」と名乗り、「日本全土の原発破棄」の要求に従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると通告する。タイムリミットは8時間。高彦の父親でもある「ビッグB」設計士の湯原(江口)と原発の設計士・三島(本木)らが立ち向かう。

   東野圭吾氏原作の同名小説を、「20世紀少年」シリーズなどの堤幸彦監督が映画化。出演はほかに、三島の恋人で事件解決のカギを握る女性・赤嶺を仲間由紀恵、「ビッグB」を奪う謎の男・雑賀を綾野剛が演じる。柄本明、國村隼、竹中直人、向井理らが脇を固める。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中