「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」缶入りを新発売 飲食店で好評銘柄を家庭に

印刷

   アサヒビール(東京都墨田区)は、業務用市場で好評の「アサヒプレミアム生ビール 熟撰」の缶入り3品種(500ml、350ml、250ml)を2015年12月8日に発売した。

   「熟撰」はこだわりの素材と丁寧な仕込み、長期熟成のよって生まれた"深い味わい"と"上質な香り"が特長。これらを実現するために、原料は良質なビターホップ、アロマホップに加え、アロマホップの最高級ランクと言われるファインアロマホップの中からドイツテトナング地方のテトナンガー種を使用し、熟成期間の基準を通常の25%長く設定した。

   また上質な香味成分確保のために、麦汁を煮沸する工程で3種類のホップを一度に投入せず3段階に分けて投入し、ファインアロマホップについてはレイトホッピング(麦汁の仕上がり直前に投入する手法)を採用。副原料には、日本人の味覚に合うよう国産の上質米とスターチを使用した。

  • 製法・原料にこだわったプレミアムビール
    製法・原料にこだわったプレミアムビール
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中