2019年 5月 25日 (土)

NHK大河の『真田丸』は期待できるか 主人公を演じる堺雅人と脚本の三谷幸喜のコンビ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   来年(2016年)のNHKドラマは戦国武将、真田幸村の生涯をたどる『真田丸』だ。大坂の陣で徳川家康を窮地に追い込むなど大活躍し、英雄としてこれまでも講談や小説、映画やドラマで取り上げられてきた。今回は脚本・三谷幸喜さん、幸村を演じるのは堺雅人さん。来月から始まるが、幸村とはどんな人物だったのか。時代背景や人間関係もよくわかる楽しい3冊を紹介したい

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

幸村が築いた「真田丸」とは何か

今こそ知りたい! 真田幸村50の謎
今こそ知りたい! 真田幸村50の謎

   つい先日、「『犬伏の別れ』から415年 真田家の子孫が対談」という記事が新聞に載っていた。1600年、関ケ原の戦いを前にして真田幸村と父の昌幸、兄の信之の3人が下野国(栃木県)の犬伏で密談した結果、幸村と父は石田三成の西軍に、信之は徳川家康の東軍へと袂を分かった。対談したのは幸村と信之の子孫。先代の交流は不明だが、初めて会った2人は感極まった様子だったという。

   『今こそ知りたい! 真田幸村50の謎』(編・歴史読本編集部、1080円、KADOKAWA)は、彼らの先祖である幸村の生涯と一族にまつわる謎を解く。

   幸村の祖父や父はどんな人物だったのか。幸村はなぜ2度も人質に出されたのか。初陣はいつだったのか。大坂の陣で築いた「真田丸」という砦とは。「信繁」という名があるのに、なぜ「幸村」と称するのか。子どもたちはどうなったのか―――。NHKの大河ドラマをみるうえで参考になる1冊だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中