日本ハムが「キッザニア東京」に「ソーセージ工房」パビリオンをオープン 子どもたち腸詰など職人体験

印刷

   日本ハムは2016年3月17日に、東京・豊洲の「アーバンドック ららぽーと豊洲 ノースポート3階」にある「キッザニア東京」に、オフィシャルスポンサーとして「ソーセージ工房」パビリオンをオープンする。キッザニア東京の運営会社と出展に関して合意した。

   「ソーセージ工房」パビリオンでは、子どもたちは"職人"となり、ひき肉にスパイスや塩を混ぜた後、「スタッファー」という専用の機械を使って羊腸に肉を詰める製法でソーセージ作りを体験する。

   パビリオンに併設して、日本ハムのあらびきウインナーを使用したホットドッグをはじめ、ブランド国産鶏肉を原料としたメニューを販売する実売店「シャウエッセン」も展開する。

  • 「ソーセージ工房』パビリオンイメージ
    「ソーセージ工房』パビリオンイメージ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中