2019年 2月 20日 (水)

「リッツ」「オレオ」「プレミアム」販売継続!...ところで「チップスアホイ」はどうなるの?

印刷

   ヤマザキ・ナビスコが消える―2016年2月12日、こんなニュースが駆け巡った。

   同社はクラッカーの「リッツ」や「プレミアム」、そしてクッキー「オレオ」などで知られていたが、「ライセンス契約終了」にともない、その3ブランドなどの製造・販売を終了することになった。

「リッツとオレオが食べられなくなる!?」

   ネット上を中心に悲しみの声が上がったが、早とちりだということも素早く拡散され、安堵の声が広がりつつある。一方で、「チップスアホイ」というちょっとマイナーなお菓子については、今後が不透明なままだ。

  • 「チップスアホイ」知ってる?(画像はヤマザキ・ナビスコ公式サイトより)
    「チップスアホイ」知ってる?(画像はヤマザキ・ナビスコ公式サイトより)

「チップスター」「ラングドシャ」は変わらず

   ヤマザキ・ナビスコは16年2月12日、「ライセンス契約終了に伴う商号変更等のお知らせ」を発表した。

   同社は1970年、米ナビスコ社(現モンデリーズ・インターナショナル・インク)とライセンス契約を締結し、「リッツ」、「オレオ」、「プレミアム」などを製造、日本で販売してきたが、16年8月31日の契約満了日をもってライセンス契約を終了することに。

   9月1日から商号を「ヤマザキビスケット株式会社」に変更し、「チップスター」「エアリアル」「エントリー」「ピコラ」「ラングドシャ」「スリムサンド」などの既存製品に加え、新製品も順次発売していくという。

   そして「リッツ」「プレミアム」「オレオ」、チョコチップクッキーの「チップスアホイ」は、8月31日をもって製造を終了し、在庫を売り切ったのち販売終了となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中