マック「ベーコンレタスバーガー」"14年ぶり"リニューアル 「メガマフィン」などとともにベーコンが"ボリュームアップ"

印刷

   日本マクドナルドは2016年4月13日から「ベーコンレタスバーガー」に使用している「スライスベーコン」を重量2倍以上にボリュームアップしてリニューアル発売する。店舗によってはすでに順次切り替えを実施している。

  • (左から)ベーコンレタスバーガー、メガマフィン、マックグリドルベーコンエッグ(いずれもイメージ)
    (左から)ベーコンレタスバーガー、メガマフィン、マックグリドルベーコンエッグ(いずれもイメージ)

レタスバーガーは10円アップ

   リニューアルでは、よりジューシーな「スモークベーコン」を採用。デンマーク産の豚バラ肉を加工し、一枚ごとに鉄板でグリルすることで、ベーコン本来の甘みとスモーキーな香りを引き出し、ジューシー感と風味の豊かさが特長になっている。

   「ベーコンレタスバーガー」は1989年に期間限定で登場して2002年にレギュラー商品化されて定番メニューの一つになっている。重さが2倍以上にアップした「スモークベーコン」へのリニューアルに伴い、新「ベーコンレタスバーガー」は単品価格 が10円アップし350円(税込)に。

    また「メガマフィン」「マックグリドルベーコンエッグ」は、ベーコンが従来の2枚から1枚へと変更となるが重量は以前より増えるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中