吉野家の夏の新定番「麦とろ牛皿御膳」6月2日から 新たな健康成分を配合

印刷

   吉野家は2016年6月2日10時から、全国の店舗で「麦とろ牛皿御膳」の販売を開始する。

   「麦とろ牛皿御膳」は15年7月に季節限定商品として発売し、約2か月の販売期間で、累計500万食を販売する人気だった。

   その昨年の味はそのままに、新たに滋養強壮効果が高いとされ、脂肪燃焼作用もあるという健康機能成分"ジオスゲニン"に注目。"ジオスゲニン"は山芋に含まれる成分ですが、特に含有量の多い"懐山芋"から抽出して「とろろ」に配合した。

   "ジオスゲニン"配合の「とろろ」と食物繊維・βグルカン豊富な「麦めし」を、定番の「牛皿」と組み合わせ、さらに夏に合う「御膳」に仕上げた。

    価格(税込)は、並盛580円、大盛り680円。

  • 「麦とろ牛皿御膳」この夏も
    「麦とろ牛皿御膳」この夏も
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中