インスタ利用者1000万人突破 ニールセン「スマホアプリ利用動向調査」

印刷

   視聴行動分析サービスを提供するニールセンが2016年5月31日に発表したスマートフォンアプリの利用動向調査の結果によると、16年4月時点でのスマホ利用者数は5496万人で、1人あたり1日の平均利用時間は2時間11分だった。利用時間全体のうち、アプリからの利用とウェブブラウザからの利用の内訳は、アプリからの利用時間が全体の80%を占めていた。

    調査は、スマホ視聴率情報「Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー) 」の16年4月データをもとにスマホアプリの利用状況を分析したもの。

利用者数1位は「ライン」4305万人

   アプリを利用者数でみると、1位は「LINE(ライン)」で4305万人。SNSでは「Instagram(インスタグラム)」が昨年から500万人利用者数が増え1092万人と初めて1000万人を突破した。順位では18位だった。増加率では「Yahoo!Japan(ヤフー!ジャパン)」が477万人から1617万人(10位)に増え42%増と最も高かった。

   利用者数が大きく増加しているアプリの中で、特にSNSアプリとして継続的に利用者数が増加している「Twitter(ツイッター)」と「インスタグラム」に注目し、性年代別の利用者数を昨年と比較すると「ツイッター」は、35歳以上の増加率が高く、特に35~49歳女性と50歳以上の男性利用者が増加。このことが全体の利用者数増加に寄与したという。

    「インスタグラム」は、もともと利用者数の多かった34歳以下の女性に加えて、35~49歳女性の利用者も増加。また、ツイッターと同じく50歳以上の男性利用者も大きく増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中