2021年 7月 31日 (土)

消費増税再延期で試される国民、政府、議会の理性

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   的確な状況認識と鋭利な分析でその考察が常に注目される待鳥聡史京都大学大学院教授(比較政治論)が、2015年1月号の「中央公論」(2014年12月)の「特集 2015年を読む」に寄稿した「『政策の季節』から『選挙の季節』へ」で、いちはやく喝破していたように、いま、永田町や霞ヶ関は「2016年夏の参議院選挙まで続く『選挙の季節』」の中にある。待鳥教授は、頻繁な「選挙の季節」がきてしまう日本の現状は、日本政治の「アキレス腱」だとする。国際比較からしても短すぎ、「困難な政策課題がどうしても先送りされやすく、難問に取り組まねばならない現代の先進国としては明らかに不向き」だという。

  • 「消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか―『世代間格差拡大』の財政的研究」
    「消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか―『世代間格差拡大』の財政的研究」
  • 待鳥聡史京都大学大学院教授(比較政治論)が「『政策の季節』から『選挙の季節』へ」を寄稿した「中央公論」2015年1月号
    待鳥聡史京都大学大学院教授(比較政治論)が「『政策の季節』から『選挙の季節』へ」を寄稿した「中央公論」2015年1月号
  • 「決断! 待ったなしの日本財政危機―平成の子どもたちの未来のために―」
    「決断! 待ったなしの日本財政危機―平成の子どもたちの未来のために―」
  • 「最新 日本経済入門(第5版)」
    「最新 日本経済入門(第5版)」
  • 「失敗の本質」(中公文庫 1991年)を特集した「中央公論」2016年6月号。新浪剛史サントリーホールディングス社長の指摘を掲載
    「失敗の本質」(中公文庫 1991年)を特集した「中央公論」2016年6月号。新浪剛史サントリーホールディングス社長の指摘を掲載
  • 「失敗の本質」
    「失敗の本質」
  • 「消費増税は、なぜ経済学的に正しいのか―『世代間格差拡大』の財政的研究」
  • 待鳥聡史京都大学大学院教授(比較政治論)が「『政策の季節』から『選挙の季節』へ」を寄稿した「中央公論」2015年1月号
  • 「決断! 待ったなしの日本財政危機―平成の子どもたちの未来のために―」
  • 「最新 日本経済入門(第5版)」
  • 「失敗の本質」(中公文庫 1991年)を特集した「中央公論」2016年6月号。新浪剛史サントリーホールディングス社長の指摘を掲載
  • 「失敗の本質」

頻繁な「選挙の季節」が先送りする難問への取り組み

   経済政策の一端に関わるものとして、この「アキレス腱」に関して痛感するのは、「財政問題」である。財務省の現役官僚である矢野康治氏(当時主計局企画官=厚生労働係担当)が、「決断! 待ったなしの日本財政危機―平成の子どもたちの未来のために―」(東信堂 2005年7月)を、「たたかれ台」となる覚悟をもって、高い支持率を誇りながら、消費税増税を避け続けた小泉政権時代に出版したことは、霞ヶ関ではよく知られている。その後、2000年代後半の政権交代の激動の中から、国会の多数を構成する会派の合意で、不人気な増税や社会保障の見直しも含む「社会保障・税の一体改革」の成案を得たことはまさに画期的なことだった。

   しかし、その後の状況は楽観できないものだ。インターネット上の言論プラットフォーム「アゴラ」の5月21日付記事「オリヴィエ・ブランシャール教授の日本財政への警鐘」で、小黒一正法政大学教授は、IMF(国際通貨基金)の前チーフエコノミストで、有力なノーベル賞候補でもある経済学者のオリヴィエ・ブランシャールが、イタリアのコモ湖畔で開催された政策フォーラムで、「ゼロ金利が、日本の公的債務に内在する危険を覆い隠している。今年、政府債務は、対GDP比250%に達し、持続不可能な軌道を描きながら急上昇する可能性が高い。」と、日本の財政状況に深刻な懸念を示したことを報じた、英国テレグラフ紙の記事(4月11日付)を紹介・解説している。

   良識ある経済学者・官庁エコノミストとして、評者がその論考にいつも注目している、小峰隆夫法政大学教授は、「最新 日本経済入門(第5版)」(日本評論社 2016年3 月)で、財政赤字の問題点を、①生産的な投資と競合して将来の成長の基礎となる資本蓄積を阻害すること、②財政赤字が大きくなりすぎると、ほとんどを国債の利払いに当てなくてはいけなくなり、財政機能が果たせなくなること、③財政が硬直化して新規の分野に予算を振り向けることができなくなること、そして④社会保障費の増大が世代間の不公平の問題を生じさせることをあげる。そのため、財政のバランスを注視していかなくてはならないという。また、国債の信用にかかわることから、戦後、G7の国で、財政危機に直面しても、財政破綻(国債のデフォルト)した国はないと指摘する。

【霞ヶ関官僚が読む本】現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で「本や資料をどう読むか」「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!