スッパ辛いスナック「ハバレモン」登場 食べやすい仕上がりに苦言も【レビューウォッチ】

印刷

   東ハトは2016年7月18日、「暴君ハバネロ・ハバレモン」を発売した。

   おなじみの激辛スナック「暴君ハバネロ」に、レモンの酸味を加えた一品。辛さの目安は5段階中3だ。

  • このスッパ辛さ、君はどう評価する
    このスッパ辛さ、君はどう評価する

「魔王ジョロキア」思い出す味

   これまで激辛ファンの舌をうならせてきた「暴君ハバネロ」の新商品とあって、今回も辛党が買い求めているようだ。

   ツイッターでは、「美味しい」という声が相次いでいるが、売りの「スッパ辛さ」については、

「悶絶するような辛さでも酸っぱさでもないし期待はずれだった」
「あまり辛くない上にあまり酸っぱくないからうーん・・・・って」

と、ちょっと厳しい声が。

   一方で

「そんなに辛くもないし酸っぱくもないしうめえ」
「ほどよい酸味とほどよい辛味でいい感じだった。暴君ハバネロはこれくらいの辛さが食べやすくていいね」

との感想も。食べやすい仕上がりで、強い刺激を求めていた人には物足りなかった、ということらしい。

   東ハトのスナックで「スッパ辛い」といえば、「ブート・ジョロキア」にトマトの酸味を加えた「魔王ジョロキア」があったが、ハバレモンを食べて 「販売終了の魔王ジョロキアに味似てる!」と感じた人もいるようだ。

   参考小売価格は122円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中