リプトンの紅茶にフルーツやハーブがぎっしり 「フルーツインティー」の限定店舗が大人気

印刷

   紅茶ブランド「リプトン」が東京表参道にオープンした期間限定店舗「Furuits in Tea OMOTESANDO plus Superfood(フルーツインティー表参道プラススーパーフード)」が連日大盛況だ。

   紅茶にフルーツやハーブをたっぷり詰めた「フルーツインティー」を提供する店で、2016年8月31日まで営業する。

trend_20160810112241.jpg

レシピの組み合わせは4万通り以上

   店舗では紅茶の種類や中に入れるフルーツやハーブ、シロップを好みに合わせてカスタマイズできる。ベースとなる紅茶はリプトンのイエローラベル、水出しアールグレイ、サマーブレンドの3種類を用意。具材は全24種類で、ストロベリーやパイナップルなどおなじみのフルーツから、チアシードやゴジベリーといった話題の「スーパーフード」まで幅広く揃えた。レシピの組み合わせは4万通り以上にもなる。

豊富な材料を自分好みにブレンド
豊富な材料を自分好みにブレンド

   材料を自分で選ぶカスタムメニューのほかに、リプトンが用意した特別メニューも提供している。

   容器はカップ、リプトンオリジナルタンブラーの2タイプで、タンブラーは1000円、カップは600円(どちらも税込で、紅茶の値段も含まれている)。

店は連日大賑わい
店は連日大賑わい

   開店30分前の10時頃に店舗に行くと、すでに100人以上が並んでいた。スタッフによると、多い時では1日1000杯近く売り上げるという。一日数量限定のタンブラーは特に人気で、昼過ぎには売り切れることが多いようだ。

   カウンターはフレッシュなフルーツやハーブの香りで満ちていた。注文はチェックシート式で、希望する材料にチェックを入れたシートを渡すとスタッフがその場でブレンドして作ってくれる。

氷たっぷりで涼しげ
氷たっぷりで涼しげ

   記者は今回タンブラーのカスタムメニューを注文。出来上がった紅茶はフルーツとハーブの複雑な香りが加わった爽やかな飲み心地で、暑い待ち時間で乾いた喉に染みわたるおいしさだった。

紅茶を入れるとLiptonの文字が浮かび上がるオシャレなタンブラー
紅茶を入れるとLiptonの文字が浮かび上がるオシャレなタンブラー

   カウンター横には3種の紅茶サーバーが設置されており、無料でおかわりができる(フルーツやハーブは追加できない)。

trend_20160810112554.jpg
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中