2018年 9月 20日 (木)

一度口にしたらやめられない... ヤバい粉「サラダエレガンス」って一体!?

印刷

   亀田製菓の「ハッピーターン」やカルビーの「かっぱえびせん」は、一度口に運んだら食べる手が止まらなくなってしまう食べ物としておなじみだ。親しみをこめたブラックジョークとして、「合法ドラッグ」なんて呼ばれることも。

   そんな食べ物界の合法ドラッグに、ある「ヤバい粉」が名乗りを上げている。何でも、口にしたが最後「デブまっしぐら」になってしまう、オソロシイ代物らしい...。

  • しなびたポテトもこの粉をかければ…(写真のサラダエレガンスは缶入り120グラム
    しなびたポテトもこの粉をかければ…(写真のサラダエレガンスは缶入り120グラム
  • 品質表示
    品質表示

生活の質まで上げちゃう!?

   問題の粉の名前は「サラダエレガンス」。マスコットフーズが1975年から販売している調味料だ。パッケージには「トマト、オニオン、にんじん等のうま味にブラックペッパーと岩塩をブレンドした調味料」と説明がある。

   これが一躍注目の的となったのは、以下のツイートがきっかけだ

   ツイートに影響され購入する人が相次いでいるようで、

「サラダエレガンスやばい...ご飯に合うなんにでも合う」
「サラダエレガンス、このために買ったスーパーの今ひとつな唐揚げにかけると普通にうまい。塩みが増すのでビールがはかどる」
「サラダエレガンスの購入によりQOLが向上した」

など、食べてみた人からも絶賛の嵐だ。

100種ものレシピが存在

   記者もネット通販でサラダエレガンスを入手し、マクドナルドでテイクアウトしてから4時間経過したマックフライポテトにふりかけてみた。

   想像に難くないだろうが、放置していたポテトはくたくたになり味も落ちている。しかしサラダエレガンスをかけると、評判通り美味しく食べられるではないか!記者の舌にはトマトの風味が強く感じられ、トマト味のプレッツェルやスナック菓子を思わせるような味になった。

   サラダエレガンス公式サイトではほかにも、サラダやから揚げなどにさっとひと振りする食べ方のほか、「塩だれキャベツ」や「かきあげ」、「サラエレ塩鮭」、「サラエレ親子丼」など多種多様なレシピが紹介されている。その数なんと100種類!きっと誰しも口に合う食べ方があるはずだ。

   缶入り390グラム、120グラムと、60グラムびんの3種で、価格は公式オンラインショップでそれぞれ1296円、486円、356円(いずれも税込)。販売店リストも紹介されているので、欲しいという人はそちらもチェックしよう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中