2020年 8月 5日 (水)

フルマラソンに挑戦しませんか 「欽ちゃん」が完走できた理由

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   リオデジャネイロ五輪で日本のマラソンは男女とも惨敗した。4年後の東京五輪には是非復活してもらいたい。一方で、市民マラソンは毎年大盛況だ。東京はじめ全国各地で大会が増え、老若男女を問わず大勢が参加する。健康のためのランニングを始める人も多い。9月12日は「マラソンの日」。紀元前にアテネの兵士が勝利を伝えるために走り続けたという故事に基づく。今週は、ランニングやマラソンのやり方、ウルトラマラソンの魅力など3冊を紹介する。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

「24時間テレビ」で走る芸能人ランナー

『ゼロからのフルマラソン』(著・坂本雄次、祥伝社新書、821円)
『ゼロからのフルマラソン』(著・坂本雄次、祥伝社新書、821円)

   「欽ちゃんは、なぜ24時間マラソンを完走できたのか?」。日本テレビ「24時間テレビ」のマラソンプロデューサーとして、歴代のタレントランナーを指導してきた坂本雄次さんの著書『ゼロからのフルマラソン』(著・坂本雄次、祥伝社新書、821円)は、こんな問いかけで始まる。素人の有名人を完走させてきた経験やエピソードを交え、いつの間にか一人前のランナーに育ててくれる初心者向け入門書だ。

   「欽ちゃん」には萩本欽一流のトレーニングの秘密があり、10か月間一緒に走って教えられたこともあるという。「マラソンの基礎」「初心者は何から始めたらよいか」から「誰でも完走できる坂本式トレーニング」を具体的に説明し、「いざ、フルマラソンに挑戦」とゴールへ向かう。

   坂本さんは1976年から独自でランニングを始め、東京電力の陸上部監督を15年間務め、素人集団のなかから2時間30分台のランナーを育て、現在はランニングやマラソンを中心に幅広い総合プロデューサーを展開している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!