オリオンビールが作ったIPAスタイルビール

印刷

   アサヒビールは、オリオンビールが製造した「アサヒ オリオン琉球セッション」と「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」を、10月25日(火)より沖縄県および鹿児島県奄美地区を除く日本全国で数量限定にて新発売する。

   「アサヒ オリオン琉球セッション」は、柑橘系の香りが特長のシトラホップによる爽やかでフルーティな香りと苦みがある。「IPA(India Pale Aleの頭文字。ホップの香りや苦みが特長のビール)」の特長はそのままにアルコール度数を低めに設定することなどで飲みやすさを実現した。

   パッケージは、醸造への想いとこだわりを仕込釜と醸造家のイラストで表現。沖縄の伝統織物ミンサー織の特長である絣かすり模様のデザインを背景とした。

   「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」は、沖縄産シークァーサー果汁の爽やかな香りと、爽快なのどごしを楽しめる。

   過去には両社の共同開発第2弾商品として2015年4月に数量限定にて発売、2016年4月にクオリティアップし数量限定にて発売した。

   パッケージは、缶体上部にオリオンビールのロゴと、夢やあこがれを象徴するトレードマークの三ツ星によりオリオンブランドならではの沖縄らしさを表現している。

   価格はオープン価格。

  • オリオンブランドならではの沖縄らしさを表現
    オリオンブランドならではの沖縄らしさを表現
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中