もっとも「アメリカ的」な作曲家、コープランドが魅せられたメキシコのナイトクラブの風景

印刷

   世界はアメリカ新大統領にD.トランプ氏が決まったことで揺れています。果たして、彼は選挙戦中に語っていた過激な政策を就任したら実行するのか・・・その憶測で多くの人がおののき、トランプ・ショックともいうべき影響を世界に与えています。

   トランプ氏の公約、たとえば、移民を拒絶し、メキシコとの国境に、メキシコの費用負担で壁を作る・・・誰もが実行は不可能だといぶかる過激な方針、その過激さゆえトランプ候補は大統領にはなれないだろう、と予想されていた極端な政策は、はたして1月の就任以降、現実となるのでしょうか?

    今日取り上げる曲は、次期大統領で注目を浴びているアメリカの作曲家、それも「とてもアメリカらしい」といわれることの多い、アーロン・コープランドがメキシコを描いた作品、「エル・サロン・メヒコ」です。

若きコープランドの写真
若きコープランドの写真

リトアニア系ユダヤ人の移民の子、8歳で作曲

   コープランドは、ちょうど1900年の11月14日、リトアニア系ユダヤ人の移民の5番目の子として、ニューヨークのブルックリンに生まれました。彼の父は、アメリカに渡るため、途中スコットランドで数年働き、船の代金をためて、やっとの思いで渡航したのです。それだけ、移民大国アメリカには希望があったのでしょう。ロシア風の名前カプランを、アメリカ風の名、コープランドに変えたファミリーは、ニューヨークに居を構えます。父は音楽に無関心でしたが、母がピアノを嗜み、歌を歌って、子供たちに音楽のレッスンをしました。その中で育ったアーロンは、8歳から作曲をし始め、13歳から本格的にピアノを習い始めます。そして15歳の時、ポーランドの首相も務めたピアニストにして作曲家、イグナツ・ヤン・パデレフスキのコンサートを聴いて感激したコープランドは、作曲家になることを決意します。

   彼の父は、アメリカの通常の大学に進むことを希望したようですが、ヨーロッパのクラシック音楽に惹かれていたコープランドは母の応援を受け、21歳の時にパリに留学します。両大戦間のパリで、イジドール・フィリップ、ポール・ヴィダル、そしてナディア・ブーランジェといった名教師たちに音楽を師事したコープランドは、また一方でソルボンヌ大学に通い、生活の中で、ヘミングウェイ、ピカソ、シャガール、モディリアーニといった、各国からパリに集っていた幅広い芸術家たちとも交流を深めます。

   ニューヨークに戻って作曲家として活動し始めたコープランドですが、多国籍なパリではぐくまれた彼のマインドは、決して北米アメリカに閉じこもっていませんでした。

   カナダから、南米、そしてアフリカなどを頻繁に旅行した彼は、各地の音楽に興味を持ち、民謡やフォークソングを自らの作曲に取り入れていったのです。

「落胆の時代」に出会った享楽的なメキシコの風景

バーンスタインが編曲したピアノソロ版「エル・サロン・メヒコ」の楽譜
バーンスタインが編曲したピアノソロ版「エル・サロン・メヒコ」の楽譜

   1932年、彼は、友人の作曲家にして指揮者、カルロス・チャベスの招きにより、初めてメキシコを訪れます。そこで、「エル・サロン・メヒコ」という名のナイトクラブを訪ねます。大きなダンスホールを3つ持ち、キューバ風の楽団が入ったそのクラブは、コープランドに強烈な印象を残します。メキシコの音楽に酔いしれる人々が、活き活きと見え、この様子をぜひ音楽にしたい、と思わせたのです。

   それまで、「新しいアメリカの音楽」を模索していたコープランドは、ドイツ風の、難しい音楽を作ろうともがいていました。当然、人気など出るはずがなく、そうした「落胆の時代」に出会った享楽的なメキシコの風景が、彼の中に何かをもたらしたのでしょう。メキシコを題材にした彼の音楽としては2番目になる作品、「エル・サロン・メヒコ」・・つまりナイトクラブの名前をそっくりそのまま曲の題名としたのですが・・が1936年に完成します。1937年にはチャベスの指揮によりメキシコシティで初演され、1938年には、ラジオの放送で、アメリカに初上陸します。

   「私は音楽を直接聴いたのではなく、メキシコの人たちの精神に魅了されたのだ。そして、その精神が自分の作品に注入できるように作曲したのだ。」と彼はこの作品について語っています。初演の時に、批評家に「コープランドは、メキシコの特徴的かつポピュラーなメロディーの数々を、その新鮮さと美を少しも失うことなく、もっとも純粋で理想的な形に、統合し、曲として完成させたのだ。」と絶賛されたこの曲は、アメリカでも大ヒットとなり、コープランドはこれ以降、アメリカを代表する作曲家となりました。後に、同じくアメリカを代表する作曲家にして指揮者、ピアニストでもあるバーンスタインが、ピアノソロ、デュオ版に編曲しています。

    コープランドはアメリカの民謡や風景などを採り入れた聴きやすいアメリカン・クラシックを作り続け、「最もアメリカ的な作曲家」といわれるようになりましたが、彼の出世作は、メキシコの首都のナイトクラブの喧騒の中で生まれたのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中