2020年 7月 10日 (金)

1度で変わる風呂の効用
肩こり、ダイエット、花粉症...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本人はお風呂好き。これから寒さに向けて何よりの楽しみだ。疲れを癒し、健康と美容のためにも欠かせない。一方で、入浴中に死亡する人が年間4866人(2014年、厚労省データ、入浴関連事故死は推計1万9000人)もいる。毎日入っているのに、お風呂の基本について知らないことが多い。11月26日は「いい風呂の日」。今回はお風呂の知識、入浴方法、効用などについての3冊を紹介する。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

温度と時間「肩こりは 40℃、10分」

『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(著・早坂信哉、KADOKAWA)
『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(著・早坂信哉、KADOKAWA)

   江戸っ子は熱湯が好きといわれるが、ぬるま湯が好きな人もいる。各人の好みだが、温度や浸かる時間によって効果がずい分違う。長年にわたりお風呂を科学的に研究してきた専門家による『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(著・早坂信哉、KADOKAWA、1296円)がわかりやすく説明している。

   「肩こりは 40℃、10分」「ダイエットは 40℃、食前に15分」「花粉症は38~40℃、15分」といった具合だ。正しい入り方から症状別の入浴法、入浴剤の選び方、水分補給法まで解説する。紹介している症状は、腰痛、神経痛、胃痛、頭痛、冷え性、不眠症、便秘・下痢、乾燥肌、花粉症、高血圧、低血圧、高コレステロール、二日酔いなど実に様々だ。

   著者の早坂信哉氏は温泉療法専門医で、日本健康開発財団・温泉医科学研究所所長。テレビやラジオにも出演している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!