2020年 11月 29日 (日)

忘年会シーズン、胃腸は大丈夫? 間違った酵素健康法にご注意を

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   そろそろ忘年会や新年会のシーズン。ついつい飲み過ぎや食べ過ぎで胃腸をこわしてしまう。胃腸薬のテレビCMが目につくのも今時分だ。12月11日は「胃腸の日」。「胃にいい」の語呂合わせで、日本OTC医薬品協会が2002年に制定した。1年を振り返って、負担をかけてきた胃腸をいたわってほしいという趣旨だ。今回は「腸の仕組み」や「腸内酵素力」、「術後のレシピ」といった3点を紹介したい。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

腸は脳より賢いのか

『おしゃべりな腸』(著・ジュリア・エンダース、訳・岡本朋子、長谷川圭、サンマーク出版)
『おしゃべりな腸』(著・ジュリア・エンダース、訳・岡本朋子、長谷川圭、サンマーク出版)

   「腸は脳より賢い器官である」。そんな説まであるそうだ。腸は繊細で責任が強く、極めて有能な器官だという。

   『おしゃべりな腸』(著・ジュリア・エンダース、訳・岡本朋子、長谷川圭、サンマーク出版、1728円)は、腸がどのように働き、どのように私たちを守っているかをわかりやすく説明する。「排便ほど複雑で洗練された仕組みはない」「腸があんなに長いのはちゃんとした理由がある」「牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる人の体内で起こっていること」など、最新の研究結果をユーモアに交えて語る。300ページを超えるボリュームだが、「へえー、そうだったか」「なるほどね」とうなずきながらスイスイ読める。

   著者は1990年生まれのドイツの若き研究者。本国ではミリオンセラーに、イギリス、フランス、オランダ、デンマークなど世界各国でもベストセラーになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!