ピコ太郎「PPAP」が360度VRコンテンツに、「dTV」にて配信開始

印刷

   NTTドコモとエイベックス通信放送が運営する動画配信サービス「dTV」は、「YouTube」の動画再生回数が1億回を超えたというアーティスト、ピコ太郎さんのVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)コンテンツ「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン) VR ver.」の配信を2016年12月26日に始めた。

   目の前の超至近距離で繰り広げられるパフォーマンス、カメラの周りを360度グルグル回る演出など、通常のミュージックビデオにない臨場感でヒット曲「PPAP」の360度パノラマの3D映像を楽しめる。

    視聴にはNTTドコモのユーザー以外も加入できる月額500円(税別)の会員登録とVRゴーグル、「Google Playストア」「App Store」からダウンロードできるスマートフォンアプリ「dTV」およびVR視聴専用アプリ「dTV VR」のインストールが必要。

  • 2016年のトレンドワード「PPAP」と「VR」の豪華タッグ
    2016年のトレンドワード「PPAP」と「VR」の豪華タッグ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中