2万年前の「ラスコー壁画」展 最新テクノロジーでよみがえる

印刷

   東京では毎月のように大規模展覧会が開かれている。その中でいま最も興味深い展覧会といえば、東京・上野の国立科学博物館で開催中の「世界遺産ラスコー展」だろう。    なぜなら、展示されているのは約2万年前の洞窟壁画。人類最古級の芸術作品であり、今に至る様々なアートのルーツといえるからだ。... ...
[記事に戻る]

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中