「この世界の片隅に」100万人突破 映画賞に旋風、メディア露出は衰えず

印刷

   アニメ映画「この世界の片隅に」の公開動員数が、公開10週目で100万人を突破した。

   2016年11月12日に公開されてから、既に2カ月以上が経過しているが、映画を特集するテレビ番組や雑誌の記事などは後を絶たず。2016年度の映画賞にも軒並み選出されており、その勢いは衰える気配すら感じられない。

  • (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
    (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

「もう一度観に行きたくなる!」

   映画「この世界の片隅に」は、こうの史代さん(48)の同名漫画を原作として作られた。監督は「マイマイ新子と千年の魔法」(2009年)の片渕須直氏で、主人公の声優はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)ののんさん(23)。第二次世界大戦の最中に18歳で広島・呉へ嫁いだ主人公「すず」は、アメリカの空襲に襲われながらも、日常のささいな瞬間に楽しみを見出して...。クラウドファンディングで制作資金を集めたことも注目の的となった。

   2017年1月14、15日の全国映画動員ランキング(興行通信社)によると、「この世界の片隅に」は8位で、10週連続で10位以内を維持した。累計動員数は100万8669人で100万人の大台を突破し、累計興行収入は13億4173万7430円に達した。

   テレビ番組や雑誌などでも依然として特集番組、記事が組まれている。1月12日放送の「NHKクローズアップ現代+」や18日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)は、のんさんや片渕監督のインタビューを放送した。月刊誌「美術手帖」(美術出版社)の17年2月号では、「この世界の片隅に」をめぐり片渕監督と精神科医の斎藤環氏が対談し、のんさんが笑顔で表紙の写真を飾った。

   お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんは「スッキリ」の特集を見て、

「もう一度観に行きたくなる!」
「この世界の片隅に、もう一度観に行って色々見つけに行こうと思った。のんさん演じるすずさんの声がやはり素晴らしい!あと、たくさんの意味が込められた数々のシーンをしっかり噛み締めに行こう」

とツイッターに投稿した。

のん「本当におめでたい」

   映画の評価を裏打ちしているのが、年明けから発表され始めた映画賞の数々だ。2017年1月10日に発表された「第90回キネマ旬報ベストテン」(キネマ旬報社)では、邦画部門1位の座に輝いた。アニメ作品で1位になったのは、「となりのトトロ」(1988年)以来28年ぶりの快挙だった。

   16日に発表された「第40回日本アカデミー賞」の優秀賞には、優秀アニメーション作品賞に堂々のノミネート。19日に情報解禁された「第71回毎日映画コンクール」でも、作品部門の日本映画優秀賞とスタッフ部門の音楽賞、アニメーション部門の大藤信郎賞で最多の3冠を獲得した。

   のんさんは11日、「キネマ旬報ベストテン」の受賞を受けてブログを更新した。

「本当におめでたい。嬉しい。嬉しい。まだまだ、上映中です。映画館数も増えました~!」

と喜びをあらわにし、

「2017年、嬉しい年始め。しみじみニヤニヤしてしまいますね。背中を向けて喜びを噛みしめるすずさん、鮮明に頭の中に刻まれている」

と感慨に浸っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中