2020年 7月 11日 (土)

1月24日はMacintosh誕生日!
アップルの素顔と秘話が盛り沢山

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   1984年1月24日、アメリカのアップル社が初代の「Macintosh」128Kを発売したのが今から33年前。それから現在に至るまで、iPhoneやiPadといったスマートフォンやタブレット、iPodといった音楽プレイヤー、さらにはアップルウォッチやアップル TVといった新時代を切り開く製品を発売し、世界中を興奮させる一大企業として躍進を続けている。今回は、創業者、スティーブ・ジョブズ氏はもちろん、Macintoshおよびアップル社の歴史、関わった人たちの秘話を公開する3冊。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

アップル内部で何が行われているのかを追求

『アップル帝国の正体』(著・後藤直義、森川潤、文藝春秋)
『アップル帝国の正体』(著・後藤直義、森川潤、文藝春秋)

   1976年、創業者であるスティーブ・ジョブズ氏が立ち上げた小さなパソコンメーカーは、40年の時を経て、60兆円を超える時価総額を誇る巨大メーカーに変貌した。多くのアップルファンは、その美しいデザインや斬新なアイディアを絶賛し、彼の遺した言葉の一つ一つに今も酔いしれている。カリスマの陰に隠されたアップルの真の凄みは、時に獰猛な姿さえ見せてビジョンを実現する組織の「遂行力」にあるという。ものづくり、流通、通信、コンテンツなど、日本企業を翻弄するその手法を知る人は少なく、それらが表に出されることは決してなかった。

   『アップル帝国の正体』(著・後藤直義、森川潤、文藝春秋、1404円)では、アップルに関わってきた大手企業のビジネスマンからエンジニア、町工場の社長、デザイナー、ミュージシャンまで多くの人々の証言を集め、厚いベールに包まれた「アップル帝国」の正体に迫る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!