2020年 8月 5日 (水)

舞台芸術を成功させるカギはここにあり

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   東京・丸の内のある帝国劇場は、1911(明治44)年2月10日に日本初の西洋式劇場として開場した。当時は、歌舞伎興行のかたわら付属技芸学校を設け、女優の養成や海外のアーティストを招いての公演や初期の新劇上演を行うなど、現在まで日本の演劇発展に貢献してきた。今回は、人々にわくわくどきどきを与えてくれる舞台芸術、その世界の歴史やビジネスの裏側、そして演劇・戯曲の基礎がわかる3冊。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

マーケティングで芸術・文化事業を成功させた世界の実例

『芸術の売り方――劇場を満員にするマーケティング』(著・ジョアン・シェフ・バーンスタイン、英治出版)
『芸術の売り方――劇場を満員にするマーケティング』(著・ジョアン・シェフ・バーンスタイン、英治出版)

   「クラシック音楽、演劇、オペラといった芸術ビジネスの市場は縮小する一方だと言う人がいる。余暇の過ごし方の多様化や競争の激化、若者の芸術離れを嘆く人もいる。だが、本当にそうだろうか?今日、多くの芸術団体が苦境にさらされている元凶は、作品の問題ではなく、マーケティングの不足ではないだろうか。世界には、効果的なマーケティング戦略によって観客数の劇的増加を実現した団体がいくつもあるのだ(本書より)」。

   『芸術の売り方――劇場を満員にするマーケティング』(著・ジョアン・シェフ・バーンスタイン、英治出版、2592円)では、基本的・現代的なマーケティング戦略を活用し、芸術ビジネスを成功に導く効果的な方法を提示する。「現状と観客の特性をつかむ」、「作品、会場、コミュニケーション」、「気まぐれな観客を重視する」など全12章。世界各地の事例も満載。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!