2019年 8月 24日 (土)

南欧スペインの情熱を漂わせる、交響曲という名の協奏曲、ラロの「スペイン交響曲」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   先週は珍しいチューバという楽器をソリストにした協奏曲を取り上げましたが、今日は、ヴァイオリンがソロを務める、実質「ヴァイオリン協奏曲」なのに、交響曲、と名乗る一風変わった曲を取り上げましょう。

    フランスの作曲家、エドゥアール・ラロの書いた、「スペイン交響曲」です。

  • スペイン交響曲の楽譜
    スペイン交響曲の楽譜
  • 第1楽章は『交響曲』と名乗るにふさわしい勇壮な出だしで始まる
    第1楽章は『交響曲』と名乗るにふさわしい勇壮な出だしで始まる

43歳で大失敗、作曲の意欲を失う

   この曲は、実質ラロの「ヴァイオリン協奏曲 第2番」というべき曲なのですが、ラロはなぜかこの曲に「スペイン交響曲」というタイトルを付け、世に送り出しました。そして、彼自身の代表作となったのです。交響曲も、協奏曲も、クラシック曲の中では花形で、その作曲家の代表作、とされることが多いので、この曲がラロの代名詞となることには不思議はないのですが、なぜかタイトルと中身がしっくりきません。

   エドゥアール・ラロは1823年フランス北部の街、リールで生まれました。ラロ家は軍人の家系で、16世紀にスペインから、戦を求めてフランドル地方に移住してきたのです。父、デジレ=ジョゼフは、1813年に退却するナポレオン軍とプロイセン=ロシア連合軍で戦われたリュッツェンの戦いで手柄を挙げたことを誇りにしているような人で、エドゥアールにリールでチェロを習わせることには同意したものの、家系から職業音楽家を出すことには猛反対しました。チェロのボウマン先生は、リールという音楽的には中心といい難い地に住んでいたものの、ウィーンでたびたびベートーヴェンのもとで演奏した、というキャリアの人でした。

   先生の影響でしょうか、16歳の時、ついにエドゥアールは父に反旗を翻してパリに出ます。パリではヴァイオリンと作曲を学び、若き作曲家の登竜門である「ローマ大賞」の2等賞を24歳のときに獲得したりしますが、作曲では身を立てることができませんでした。19世紀前半、パリで人気を誇っていたジャンルはオペラで、彼もオペラ作曲を試みますが、43歳の時に発表したシラーを原作とする「フィエスク」は大失敗で、作曲の意欲を失うほどでした。彼は、室内楽のヴィオラ奏者として活躍していたので、このまま「作曲家ラロ」は誕生しないかと思われたのです。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中