VR普及のカギはやっぱり「エロ」 最新アダルトVRのスゴい世界

印刷

   「VR(仮想現実)元年」と呼ばれた2016年。それまでVRは、ビジネス用途や一部の愛好家を中心とした「高価なオモチャ」だったが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「プレイステーションVR」の発売や、VRをテーマにした娯楽施設のオープンなどの後押しで一般消費者にも浸透してきた。17年は、普及・定着に向けての「勝負」の年になるだろう。

   VRコンテンツは、スポーツや教育、医療、ゲームなど多岐にわたるが、いま、「アダルト」分野がじわじわと盛り上がりをみせている。17年5月3日に開催されたアダルトVRの展示会「AVRS 2017 in Tokyo」に記者が参加し、その熱を体感してきた。

  • 専用ゴーグル「HTC Vive」
    専用ゴーグル「HTC Vive」
  • 「なないちゃんとあそぼ!」の実際の映像
    「なないちゃんとあそぼ!」の実際の映像
  • 背部にスマートフォンが装着されたエアドール。映像と連動する。
    背部にスマートフォンが装着されたエアドール。映像と連動する。

SNSでも続々対応可能に

   VRとは、専用のゴーグルを装着することで、最大360度の映像に包まれる「疑似空間」を作り出す技術だ。

   これまでは、専用機器が高価だったことや、撮影機材の未整備、映像配信先の少なさなど課題が多く、なかなか普及しなかった。

   しかし、16年ごろから風向きが変わる。段ボール製の安価なゴーグルの登場により、スマートフォンと組みあわせるだけで手軽に楽しめるようになった。また、ニコンやリコーなど老舗のカメラメーカーが全天球カメラを発売し、プロの現場ではもちろん一般ユーザーも360度撮影が身近となる。撮影した画像・動画はフェイスブックやツイッター、ユーチューブに投稿できるようになり、配信先も充実してきた。

   そんな急成長のVR市場で注目を集めている分野は、「アダルト」だ。大手動画配信サイト「DMM.com」は16年11月、VRに対応したアダルト動画の配信を開始。17年5月10日時点で1200ちかい作品をそろえる。

   さらにAV会社大手「ソフトオンデマンド」は16年12月、アダルトVRを個室鑑賞できる店舗「SOD VR」を秋葉原にオープンした。企業が積極的にVRを活用する機運が高まっており、それと並行して男性層を中心に急速に関心が高まっている。

   米投資銀行「Piper Jaffray(パイパー・ジャフレイ)」の調査では、全世界でのVRアダルトコンテンツ(パッケージおよび配信作品)の市場規模は、2025年には10億ドルに達すると予測。これは、アダルトコンテンツ市場全体の5割にのぼるとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中