欅坂に対抗? 新人アイドル「東池袋52」「二人セゾン」ならぬ「わたしセゾン」で堂々デビュー

印刷

   2017年5月19日、新しいアイドルグループ「東池袋52」がオリジナル曲「わたしセゾン」でデビューした。

   新人アイドルというが、全員がクレジットカード会社「クレディセゾン」および関係会社の社員。全国の勤務地で日々業務をこなす女性たちで構成されている。ダンスも、歌唱も、プロではない彼女たちが、日々、通常業務をこなしながら挑戦する「アイドル活動」だ。

   グループ名の由来は、クレディセゾンの本社がサンシャイン60の52階にあるから。19日19時にクレディセゾンのWebサイトにてプロモーションビデオ(PV)も公開された。

  • 新アイドルグループ「東池袋52」。背景に写っているビルはサンシャイン60
    新アイドルグループ「東池袋52」。背景に写っているビルはサンシャイン60

PVのクオリティはかなりいい

   「わたしセゾン」の制作にあたっては、日本を代表する一流のクリエイターが集結した。CM界を代表するコピーライターの仲畑貴志さんが作詞、ヒットメーカーの多田慎也さんが作曲、有名アイドルグループをあまた手がける振付屋かぶきもんさんが振付と、そうそうたるラインナップだ。PVの制作にあたっては、「乃木坂46」をはじめとするアイドルや有名ミュージシャンのPV作品を世に送り出した映像監督やカメラマンが起用されている。

   「わたしセゾン」の楽曲や振付は完全オリジナル。スローモーションで動きを際立たせたり、ダイナミックに跳躍する場面では踊りの上手いメンバーを前面に押し出したり――。どのシーンもエレガントで美しい仕上がりだ。サンシャインシティでのダンスシーン撮影では、本来素人である彼女たちにも容赦なくリクエストが突きつけられたという。その様子はWebサイトで見られる。

   PVはWeb公開のほか、一部の地域でテレビ・ラジオCMが放送される。全3タイプのCDも制作され、6月1日以降、セゾンカードのポイントサービス「永久不滅ポイント」で交換可能な商品としてラインナップするという。

東池袋52の夢は「いつか共演」←やっぱり欅と?

   PVの収録後、「東池袋52」のメンバーは「いつかはあのアイドルグループと共演したいですね」と語った。具体的なグループ名こそ挙げなかったものの、ネットでは「欅坂(けやきざか)46だろう」と指摘されている。

   欅坂46の3枚目シングルとして16年11月に発売された「二人セゾン」は、昔の恋人との出会いや美しい思い出を振り返りながら、一緒に過ごした「セゾン」(フランス語で「季節」という意味)に思いをはせる、ちょっぴり切ない歌だ。CDの累計売り上げ枚数は60万枚以上を記録している。

   ところで、坂道グループの乃木坂46や欅坂46の曲の中には、「渋谷からPARCOが消えた日」「渋谷川」「渋谷ブルース」と、東京・渋谷を舞台した歌がいくつかある。1970年代から90年代まで、西武百貨店を中核としたセゾングループは日本最大の流通グループとして君臨した。渋谷はセゾンの進出によって若者の街に変貌したといっても過言ではない。そしてクレディセゾンはセゾングループのクレジット部門を担った。バブル崩壊によってセゾングループは解体してしまったが、いまもセゾンを冠する企業の中でクレディセゾンは一番の優等生。

   日々業務をこなしながらレッスンに励んだ「東池袋52」。メンバーの夢がかなう日はくるだろうか。ちなみにニッポン放送のラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(毎週金曜24時20分~)では、5月26日、6月2日・9日・16日のCMオンエアが決定している。「二人セゾン」でセンターを務める平手友梨奈さんがMCを務める番組だけに、可能性はゼロではないかも――。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中