2018年 12月 19日 (水)

鏡や窓などツルツルの場所に張り付き、ハンズフリーで「自撮り」できるiPhoneケース

印刷

   スマートフォンアクセサリーを手がけるラウダ(神奈川県大和市)は、イタリア「Cellularline(セルラーライン)」ブランドのiPhoneケース「SELFIE CASE(セルフィ・ケース)」を、2017年6月8日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売した。

  • ベタベタせず何度でも脱着可能
    ベタベタせず何度でも脱着可能

耐衝撃設計のラバー製フレーム

   背面がシリコン素材で、鏡や窓など凹凸のないツルツルした場所に密着。自分撮りで全身を撮影できるほか、両手を自由に使える"ハンズフリー"で、これまでにない新たな自分撮りが可能になる。

   そのほかヨガやダンス、ジムでのトレーニング中に、動画サイトの映像と自分の動作を確認したり、冷蔵庫に貼り付けてレシピサイトを見ながら料理もできる。ケースは一切ベタついておらず、接着面を汚さずに何度でも脱着できる。

   フレームはラバー素材で握りやすく手になじむほか、耐衝撃設計を施し、万が一の落下でも安心だ。装着したままLightningケーブルの使用や各種ボタン操作が可能。差し込み口を大きく取り、純正以外のケーブルでも問題なく使えるという。

   カラーはiPhoneに合わせたピンク、ゴールド、シルバー、ブラックの4色を用意。ラメを上品にちりばめ、Appleのロゴが透けて見えるデザインを採用する。

   iPhone 7用、iPhone 6s/6用、iPhone SE/5s用をラインアップ。価格はいずれも3240円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中