もはや普通の「読み物」 全293文字、日本一長~い名前の日本酒、覚えられる?

印刷

   リカー・イノベーションは、千葉にある「旭鶴」と、日本一長い銘柄の日本酒「ぼくとオカン」(略式名称)を共同で企画・開発した。

  • 「ぼくとオカン」(略式名称)
    「ぼくとオカン」(略式名称)
  • こちらが正式名称
    こちらが正式名称
  • 「旭鶴」の田中淳平氏
    「旭鶴」の田中淳平氏

母に負けないくらい本気でつくった

   正式名称は、

ぼくとオカン 純米吟醸「なにごとも本気でやれ」。それがぼくのオカンの口癖だった。子どもの頃、友達と遊びたくて勉強をサボると、遊びも勉強も本気でやれと叱られた。そんなことを言われる度に、オカンの生き方を押し付けられているようで、ぼくは少し嫌だった。職人仕事も家事も子育ても、オカンは本気でやっていた。米洗いや麹造り、槽搾りの袋積みも、驚くほどに丁寧だ。酒造りの職人として、変化する時代の中で蔵の味やこだわりを失わないように、オカンは本気で戦ったのだ。いつの間にかオカンの口癖はぼくの心に息づいている。なにごとも本気でやれ。ぼくだって、負けていられない。旭鶴 次期8代目当主、処女作によせて

以上、ここまで。

   合計293文字(スペース込)という、日本一長~~~~い銘柄だ。

   醸造元「旭鶴」は、千葉県佐倉市の緑豊かな地で、家族が手造りで日本酒を醸す小さな酒蔵だ。旭鶴の日本酒の特長は、濃醇辛口でキレのある、料理が引き立つ酒質だ。今回の「ぼくとオカン~」は、女性蔵元杜氏であり母でもある田中素子氏の酒造りを引き継ぎ、息子の田中 淳平氏が初めて杜氏として醸した。

   「旭鶴」の田中淳平氏は、「僕が初めて杜氏としてつくったお酒です。現役杜氏の母に負けないくらい本気でつくった日本酒なので、皆さんにもぜひ味わってもらいたいです」と、意気込みを話す。

   原料米は、総の舞100%(千葉県佐倉市馬渡産)。精米歩合60%。

   この「ぼくとオカン」は、リカー・イノベーションが運営する、全国各地の日本酒100種類が飲み比べし放題の日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」全店(池袋・渋谷・新宿・大宮・船橋・上野)で、2017年7月4日から提供を開始する。

   酔拳じゃないが、酔えば酔うほど覚えられる、、、、、かも!?

   詳細は、公式サイトから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中