柴咲コウ「こんなに夜景がきれいに!?」 シャープ新スマホ「AQUOS R」の映像美にうっとり

印刷

   シャープは2017年7月7日、スマートフォンのフラグシップモデル「AQUOS R」を大手3キャリアから一斉発売する。7月4日に東京都内で発表会が行われ、新CMキャラクターに就任した女優の柴咲コウさん(35)が出席した。

  • 柴咲コウさん
    柴咲コウさん
  • 左が「AQUOS R」のHDR画質
    左が「AQUOS R」のHDR画質
  • 写真左はシャープの長谷川祥典IoT通信事業本部長
    写真左はシャープの長谷川祥典IoT通信事業本部長
  • 「AQUOS R」ショールーム
    「AQUOS R」ショールーム

高精細なケーキの写真に思わず笑顔

   新製品「AQUOS R」の商品名に付いている「R」には、4つのR――「Reality」(臨場感のある映像美)、「Response」(なめらかで俊敏なレスポンス)、「Robotics」(人工知能が賢くサポート)、「Reliability」(長く使える信頼性)が込められている。

   「AQUOS R」を手にとってすぐ気づくのは、画面の美しさだ。約5.3インチのWQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶ディスプレイはフルHDの約1.8倍の画素数。さらに色再現域は従来機種から約23%も向上した。標準画質の動画コンテンツをHDR画質のようなコントラストにする機能も有している。

   柴咲さんの出演するCMは、その高精細な映像美をアピールする内容となっている。色鮮やかな花びらの大群が背後から押し寄せる中、凛(りん)とした表情で「R」とつぶやく。ステージ上で新製品を触った柴咲さんは、

「えっ、こんなに夜景が奇麗に映るんですか?」
「おぉ~。ケーキがおいしそうです~。テカリや艶(つや)感がきちっと映っていますね」

と、目を細めながら驚嘆の声を上げた。

   ケーキの画像は「AQUOS R」のカメラ機能で撮影したもの。約2260万画素メインカメラは広角22mm相当でF値1.9の明るいレンズを搭載している。気合いが入っているのがインカメラで、約1630万画素、広角23mm相当、F値2.0と他機種のメインカメラ並みのスペック。小顔補正や美肌調整機能もあって、自撮り好きにピッタリの端末といえる。

   シャープは今回のプロモーションに合わせ、7月15日から9月4日まで、東京・表参道に「AQUOS R」ショールームをオープンする。営業時間は11時~19時。詳細はキャンペーンサイト参照。

   この日はCMの放送開始日が七夕にあたることから、会場内に七夕の笹飾りが用意され、柴咲さんは短冊に「柴咲農園を作る!!」としたためた。その理由について次のように答えた。

「こういう近代的な産業もそうですけど、ものを生み出すって本当に素晴らしいなと思って。なくてはならないものって食べることじゃないですか。それを自分で作り出せたら、心が豊かになるんだろうなって。ただ農業はすごく難しいから、小さな家庭菜園から始めて、それを少しずつ大きくして、おすそ分け程度には振る舞えるようになれたら」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中