「アメリカ独自音楽の祖」へのオマージュもうかがえる バーバー作「夏の音楽」

印刷

   梅雨が過ぎると日本列島には暑い夏がやってきます。今日は、暑い夏に、さわやかさを感じさせてくれる室内楽曲、アメリカの20世紀の作曲家、サミュエル・バーバーの「夏の音楽」を取り上げましょう。

   映画「プラトーン」や各種追悼式で使われたことで知られる「弦楽のためのアダージョ」の作曲家として知られるバーバーは、1910年、ペンシルヴェニア州に生まれています。

  • S.バーバーの肖像
    S.バーバーの肖像

「最後のロマンティスト」

   バーバーは、フィラデルフィアのカーティス音楽院で学んだあと奨学金を得てイタリア・ローマに留学します。2度の大戦を経て没落したヨーロッパとは対照的に、20世紀のアメリカは、国力の点で世界一の繁栄を誇りますが、歴史の浅い点だけは変えることはできず、多くのアメリカの音楽家は、ヨーロッパに留学していました。バーバーの同世代の作曲家、アーロン・コープランドやエリオット・カーター、オットー・ルーニングなども、"ヨーロッパ留学組"です。

   また、同時期に、世界大戦の主要な戦地となり、革命の争乱や、人種的迫害などがたびたびおこなわれた欧州を逃れて、新大陸にやってきた音楽家も少なくありません。作曲家だけでも、バルトーク、シェーンベルク、ストラヴィンスキー、ラフマニノフ、コルンゴルト、・・・かなりの数に上りますが、そのおほかに作曲はしない演奏家も大勢、旧大陸の混乱を逃れてアメリカにやってきたのです。そういった人たちの音楽も、当然、アメリカに影響を与えました。

   20世紀は、それまでの伝統的な和声などが使われなくなった無調の音楽や、楽譜に書かれた必然性を否定し偶然性を持ちこんだ、いわゆる「現代音楽」がヨーロッパから世界に広がった時期でした。バーバーは、その時代の中にあって、比較的伝統的なスタイルを好み、一部現代的なスタイルも取り入れたものの、多くは、19世紀のロマン派の音楽にも通じる形式で曲を作り続け、「最後のロマンティスト」とも評されました。

楽しげな木管楽器同士の会話

   そんな彼の、唯一の木管アンサンブルのための室内楽作品が、1956年に完成された「夏の音楽」です。1953年にデトロイト室内楽ソサエティからの依頼で着手された作品です。それ以前の戦時中に書かれて未発表だった作品の要素を一部転用したりして完成させていますが、それ以外にも、冒頭の「遅く、そして気怠く」と書かれた部分には、「アメリカ独自音楽の祖」といもいうべきガーシュウィンの「サマータイム」の精神的影響が見られますし、そのあとの、クラリネットの素早いパッセージなどは、アメリカにわたってきていたロシアの作曲家、ストラヴィンスキーの革命的代表作「春の祭典」の濃厚な影響が聴きとれます。

   中間部は、楽しげな木管楽器同士の会話・・・あたかもぺちゃくちゃおしゃべりをしているようなパッセージ・・・・が展開しますが、最後はまた、冒頭の「遅く、そして気怠く」のシーンに戻って、静かに曲を閉じます。12分ほどの単一楽章の楽曲ですが、初演時より聴衆には好意をもって受け入れられ、現在では、木管五重奏の重要なレパートリーとなっています。21世紀の我々からすると、「20世紀のちょっとクラシカルな」かわいらしい夏の小品です。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中