革新的発明だった「ヴァイオリン」 超絶技巧を愉しむ「悪魔のトリル」

印刷

   先週は、古典派の末期に生まれてあえなく寿命を終えた「アルペジョーネ」という楽器とその楽器のために書かれた数少ない曲の代表として、シューベルトの「アルペジョーネ」ソナタを取り上げました。アルペジョーネはメジャー楽器になり損ねたわけですが、いわば、伝統的な「ヴァイオリン属」の楽器であるチェロやヴィオラを超えることができなかったわけです。

   それでは、アルペジョーネの挑戦を跳ねのけたヴァイオリン属・・代表としてヴァイオリンに登場してもらいますが・・はどのように生まれたのでしょうか?

  • 悪魔の演奏を聴くタルティーニ
    悪魔の演奏を聴くタルティーニ

あれ? アルペジョーネとそっくり?

   実は、ヴァイオリンが生まれる以前に、ヴィオール属という擦弦楽器がヨーロッパでは多く使われていました。以前は、ヴァイオリン属はヴィオール属の改良・進化楽器という考え方もありましたが、現在では、この2つの楽器の流れは完全に別個のものだ、とされています。

   現在では「復元された古楽器」としてしか存在しないヴィォール属の楽器はどのような特徴があったかというと(もちろん、長い歴史の間には様々な改良が加えられるので一定ではないのですが)、ヴァイオリンと違うところを挙げると、指板に音程を取りやすくするためのフレットがついていて、弦の数がヴァイオリンより多く五弦や六弦のものがほとんどだった、ということです。あれ?これはアルペジョーネとそっくりですね。アルペジョーネは、「先祖返り」の側面もあったわけです。

   しかし、アルペジョーネが発明された古典派後期~ロマン派の時代、19世紀初頭には、ヴィオール属はほとんど絶滅していました。すでにヴァイオリン属の天下だったのです。

   16世紀半ば、1550年ごろに突如登場したと考えられているヴァイオリンとその仲間、ヴァイオリン属の楽器は、完全に、それ以外の擦弦楽器を駆逐してしまうほど、優秀な性能を持った、そして、21世紀の現代まで通用する、すさまじい発明だったのです。

枕もとで悪魔がヴァイオリンを奏でて......

   ヴァイオリンがどのような革命的な楽器だったか、ということを書くとものすごく長くなりますので、またの機会に、そして、少しずつ分けて書いていきたいと思います。

   今日は、その「革新的な発明品」であるヴァイオリンの名曲を1曲取り上げておきましょう。

   ヴァイオリンの誕生地であるイタリアのバロックの作曲家、ジュゼッペ・タルティーニのヴァイオリンソナタ「悪魔のトリル」です。

   優秀なヴァイオリニストでもあったタルティーニは、ある夜、夢の中で、自分の枕もとで悪魔がヴァイオリンを奏でているのを聴きます。その技巧は悪魔だけに大変見事で、演奏されている曲も聴いたこともない華麗な曲でした。タルティーニは目覚めるとすぐにその曲を忘れないように書き留めたといいます。その難技巧のパッセージ・・上でトリル(反復する装飾音)を演奏しつつ同時に下でメロディーも奏でる・・・を第3楽章に織り込み、全3楽章のヴァイオリンソナタ ト短調を書き上げ、このエピソードから、このソナタは「悪魔のトリル」という名で知られています。

   作曲されたのは、1750年ごろ、といわれていますが、21世紀の現代のヴァイオリニストにとっても演奏は大変難しく、ヴィルトオーゾ・レパートリーとして、広く演奏されています。

   ちょうど、16世紀中ごろの発明品であるヴァイオリンが、現代のコンサートホールでも堂々と音を奏でているのと似ているかもしれません。

   真に素晴らしい作品は、時代を大きく超えて、人々に愛されつつ生き残るのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中