初心者でも低い山でも関係ない 達成感に満たされる「登山」のやり方

印刷
trend_20170731123838.png

   2016年、8月初の国民の祝日として制定された「山の日」。今年は8月11日が金曜日ということで、すでに夏休みの学生たちには影響はなさそうだが、社会人にはその後の盆休みと合わせ、長期休暇につながるという人が多いかもしれない。今回は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という山の日の由来にちなみ、登山やキャンピングなど、山にまつわる知識を得られる3冊を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

五大大陸登頂を制覇! その先に見えてくるものは...

『新装版 青春を山に賭けて』(著者:植村直己 文藝春秋)
『新装版 青春を山に賭けて』(著者:植村直己 文藝春秋)

   「五大陸の最高峰を踏んだ登山家」としてその名を世界に知らしめた植村直己氏。『新装版 青春を山に賭けて』(著者:植村直己 文藝春秋 680円)はドングリと呼ばれていた植村氏が、100ドルだけを手にして日本を脱出し、五大陸最高峰のすべてに登頂。"アニマル植村"と称されるまでの型破りな青春を語り尽した感動篇。

   「マッターホルンの黒い十字架」「アンデス山脈の主峰」「60日間アマゾンイカダ下り」「王者エベレスト」など、そのケタはずれな世界放浪記の全貌が描かれている。

   日本人初のエベレスト登頂を成功させた植村氏は、「私は五大陸の最高峰に登ったけれど、高い山に登ったからすごいとか、厳しい岩壁を登攀したからえらい、という考え方にはなれない。山登りを優劣でみてはいけないと思う。要は、どんな小さなハイキング的な山であっても、登る人自身が登り終えた後も深く心に残る登山がほんとうだと思う」と語る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中