2021年 9月 29日 (水)

視覚障がい者が砂漠250キロをみごと完走!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

伴走者が支えになって

   あんまマッサージ指圧師・村木貴広さん(66歳)は、ゴビ砂漠とサハラ砂漠に参加した。出発する前「遺書を書いた」というほど不安だった。村木さんはマラソン歴10年。趣味で25~100キロのマラソンを走っていたが、250キロもの砂漠を走った経験はなかった。しかし、金さんの「日中韓の友好のために」という考えに突き動かされたという。

   伴走者のリュックにつけたロープ、通称「絆ロープ」を村木さんが持って走るのだが、ゴビ砂漠を走って気付いたのは、50センチ四方の大きな石がごろごろしていること。伴走者が「stone!」(石)と叫んで教えてくれるのだが、うまく避けられず、転倒することがたびたび。また段差があるときは、「up」「down」、ヒドい段差は「big up」「 big down」と言い方を変えてくれた。

   毎日、フルマラソンに相当する距離を走った。疲労は蓄積し、いつリタイアしてもおかしくない状況の中、完走できたのはなぜか。

「伴走者の存在です。伴走者は食事やトイレの補助などすべてにおいて手を貸してくれた。会社を2週間以上休み、参加費100万円を払って来てくれている。めげそうになったときは、「Can!Can!」(できる)といって励ましてくれた。彼らを裏切れるわけがないです」

   完走の瞬間、3人で泣きながら抱き合った。

「感動でした。言葉は通じにくいけれど、気持ちは通じ合えました。当時は、日中韓の関係が悪く、レース参加前に、ニュースを見ていて、あまりいい感情は持っていなかった。でも、走り終えたあと、報道がすべてではない、信頼できる人がいるのだと実感できました」

   2017年、鈴の音が目指したのは中国。ユネスコ世界遺産に登録された場所を走った。

(文・ノンフィクションライター 西所正道)

公益財団法人韓昌祐・哲文化財団のプロフィール

1990年、日本と韓国の将来を見据え、日韓の友好関係を促進する目的で(株)マルハン代表取締役会長の韓昌祐(ハンチャンウ)氏が前身の(財)韓国文化研究振興財団を設立、理事長に就任した。その後、助成対象分野を広げるために2005年に(財)韓哲(ハンテツ)文化財団に名称を変更。2012年、内閣府から公益財団法人の認定をうけ、公益財団法人韓昌祐・哲(ハンチャンウ・テツ)文化財団に移行した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!