2019年 7月 23日 (火)

聖武天皇が耳にした音が今、よみがえる 日本と朝鮮半島、久遠の音楽の歴史

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   創造する伝統実行委員会事務局長で、音楽プロデューサー・野原耕二の事務所を訪ねると、敷物の上に真新しいハープのような楽器が横たえられていた。小柄な女性でも抱えられるほどの大きさ。これが公益財団法人韓昌祐・哲文化財団の助成を受けて復元した正倉院御物の「百済琴(くだらごと)=轉軫箜篌(てんじんくご)」である。

   音を響かせる胴の部分は桐、支えとなる腕木の部分は黒柿と花梨製。胴は1本の山桐を仏師がていねいに彫り抜いて作る。野原は絹糸を取り出し、糸巻を使って胴と腕木に丁寧に張り、チューニングした。「轉軫」とは糸巻のことをいう。

   正倉院に残る数々の楽器の中では、みごとな螺鈿(らでん)細工のほどこされた「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんびわ)」がよく知られている。箜篌も世界で唯一、正倉院に2張残されている貴重な楽器である。天平の昔、箜篌は琵琶や琴、横笛などとともに、どんな音楽を奏でていたのであろうか。

  • 西洋の弦鳴楽器であるハープは右肩で支えるのに対して、百済琴の箜篌(くご)は左肩で支える。正倉院に2張しか残っていなかった箜篌を、復元した。
    西洋の弦鳴楽器であるハープは右肩で支えるのに対して、百済琴の箜篌(くご)は左肩で支える。正倉院に2張しか残っていなかった箜篌を、復元した。
  • 腕木を太ももではさみ、左の肩で胴を支える。立てると大きいけれど胴は1本の山桐を丁寧に掘り抜いて作ってあるので、想像以上に軽い。
    腕木を太ももではさみ、左の肩で胴を支える。立てると大きいけれど胴は1本の山桐を丁寧に掘り抜いて作ってあるので、想像以上に軽い。
  • 野原さんは、かつて弦楽器を扱う会社に勤務していた。ヴァイオリンの輸入や修理の仕事などで得た楽器の知識が役立っている。
    野原さんは、かつて弦楽器を扱う会社に勤務していた。ヴァイオリンの輸入や修理の仕事などで得た楽器の知識が役立っている。
  • 箜篌の復元制作の最終仕上げは、絹糸のチューニングだ。そもそも轉軫箜篌の「轉軫」(てんじん)とは糸巻のこと。器用に絹糸を張って調弦していく。
    箜篌の復元制作の最終仕上げは、絹糸のチューニングだ。そもそも轉軫箜篌の「轉軫」(てんじん)とは糸巻のこと。器用に絹糸を張って調弦していく。
  • 箜篌の腕木を床に横たえると、こんな感じになる。腕木の部分は、黒柿と花梨でできている。野原さんが信頼する、下町の古老の職人が作った。
    箜篌の腕木を床に横たえると、こんな感じになる。腕木の部分は、黒柿と花梨でできている。野原さんが信頼する、下町の古老の職人が作った。
  • 何本もの絹糸を集めた絃が複雑に共鳴し、独特のゆらぎをもたらす。お披露目は10月1日(日)三重県文化会館中ホールにて催される『正倉院の響き』で。
    何本もの絹糸を集めた絃が複雑に共鳴し、独特のゆらぎをもたらす。お披露目は10月1日(日)三重県文化会館中ホールにて催される『正倉院の響き』で。

最初は新羅琴の復元を手がける

「まずは弾いてみてください」

   と勧められ、椅子に座って腕木を太ももではさみ、左の肩で胴を支えた。糸を弾くと、胴の当たっている鎖骨を通じて思いのほか大きな音が全身に響いてきた。何本もの絹糸を集めた絃が複雑に共鳴する。これが独特のゆらぎをもたらすのだ。自分の肉体まで楽器になったかのような心地がした。

「いい音でしょう? 正倉院に納められているものは飾りで象嵌(ぞうがん)などをするためにあまりいい木を使っていません。しかし復元楽器は実際に演奏に使いますので、よい木を選んでいるんです」

   野原は以前大きなヴァイオリンをはじめ弦楽器を扱う会社に勤め、銘器ストラディバリウスの輸入まで手がけていた。だが世界のヴァイオリン取引の不透明さに嫌気がさして音楽プロデューサーに転じる。それからは国内での行政文化イベントの構想作りから、企画・制作までを手がけてきた。

   やがて国立劇場とともに正倉院御物の楽器を復元する仕事を任され、国内外の演奏会を開催するようになった。ヴァイオリンの輸入や修理の仕事で得た楽器の知識が役立ったのである。

「最初は国立劇場に頼まれて、正倉院に残る新羅琴(しらぎごと)の復元を手がけました。その後、国際交流基金に『循環するシルクロード』をテーマに、正倉院を出発点とした復元楽器による文化交流を提案。助成金をいただくことができたんです」

   復元楽器でコンサートができるほど楽器の数を揃えるには、大きな資金が必要である。野原は、シルクロードの終着点といわれる正倉院に残るさまざまな楽器やその断片、資料の研究を進め、やる気のある職人に頼んで次々に楽器を復元していった。

「2002年の日韓共催W杯の際には舞楽『納曽利』(なそり)を日韓で共演しました。でも、もう朝鮮半島には日本と違って唐の時代をそのまま伝える楽器がなくなっていたのです。中国でも同じです。似たような楽器はあるものの、ワイヤー弦を張ったりアンプにつないだりしていて、まったく別物になっています」

   中国へ演奏旅行に行ったときには、もう本国では失われた楽器が日本では残っていて今も音楽を奏でていることに大きな反響があった。野原はこれまで箜篌だけで12台を復元している。そのうち何張かは、香港大学や香港中文大学が教育用に使う目的で購入している。

かつて日本に文化を伝えた国に、日本から文化が還流していった例である。

公益財団法人韓昌祐・哲文化財団のプロフィール

1990年、日本と韓国の将来を見据え、日韓の友好関係を促進する目的で(株)マルハン代表取締役会長の韓昌祐(ハンチャンウ)氏が前身の(財)韓国文化研究振興財団を設立、理事長に就任した。その後、助成対象分野を広げるために2005年に(財)韓哲(ハンテツ)文化財団に名称を変更。2012年、内閣府から公益財団法人の認定をうけ、公益財団法人韓昌祐・哲(ハンチャンウ・テツ)文化財団に移行した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中