錦織不調は、観月あこが原因? 「サゲマン」「幸せならOK」

印刷

   54勝14敗(14年)、54勝16敗(15年)、58勝21敗(16年)――これまで怒涛の快進撃を続け、アジア人男子テニス選手として史上最高のランキング「4位」にもなった錦織圭選手(27)。だが今季はまだツアー優勝がなく、格下相手に敗れる試合が目立つ。

   2017年8月9日に行われたロジャーズ・カップでは、世界22位の選手に敗れ、まさかの初戦敗退となった。この大会、一昨年はベスト4、昨年は準優勝と好成績を残していた。

   ネット上では一連の不振の原因を、錦織本人ではなく、恋人とされるモデルの観月あこさん(25)に求める声が少なくない。いったいなぜ――?

  • 錦織選手(17年7月撮影)
    錦織選手(17年7月撮影)

ジョコビッチよりも難敵?

「サゲマンってことは確かだな」
「倒すべき相手はジョコビッチではなく観月あこ」

   ツイッターでは、こんな意見が少なくない。

   観月さんは、2010年にモデルデビュー。ファッションショーなどを中心に活動し、13年9月には、「Kis-My-Ft2」の玉森裕太との交際が発覚、一躍有名になった。しかし、15年以降は目立った仕事はない。

   錦織選手との「交際」は2015年7月、週刊誌「女子セブン」が報じた。その後も、たびたび2人の「熱愛」ぶりがメディアを賑わせるが、観月さんには「悪評」がつきまとう。

   例えば、17年7月25日発売の「女性自身」。

「モデル恋人は『限度額なしブラックカード』でセレブ妻気取り」

との見出しで、錦織選手のクレジットカードを使っての「散財ぶり」を紹介した。

   また、8月9日発売の「週刊新潮」では、観月さんとの「交際」が発覚してから、錦織選手の成績が低迷しているとして、

「観月の存在が、錦織の不調の原因の1つであることは明らか」

と糾弾している。

観月さんを擁護する声も

   一方、こうしたバッシングに対し、ネット上では

「週刊誌の報道はなんの根拠もない」
「錦織が幸せならそれでOKだろ」

と擁護する向きもあり、観月さんの存在は「賛否両論」のようだ。

   今後の錦織選手に浮上の可能性はあるのか。恩師でスポーツキャスターの松岡修造さん(47)さんは、ニュースサイト「MANTAN WEB」の17年5月25日記事で、メジャー優勝の可能性について

「Kパーセント」

と答えている。つまり、錦織選手自身がカギを握っているという意味で、それは「メンタルの問題」だという。優勝する実力があることは認めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中