2019年 11月 14日 (木)

これは困った! 根深い「夫婦の寝室」問題 妻の60%以上が......

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   不動産・住宅サイトの「SUUMO(スーモ)」は、2017年8月9日、「寝室の使い方と夫婦間のストレス」の関係性についてのアンケート結果を発表した。

   アンケートの対象は全国の20~69歳の既婚男女300人。「配偶者と同じ寝室で寝ているか」という設問に対し、「寝ている」と答えた人に、「夫婦で一緒に寝るとき、ストレスを感じることがあるか」と「どのようなことにストレスを感じるか」を聞いたところ、以下のような結果になった。

  • 寝室の使い方と夫婦間のストレスの関係性とは?
    寝室の使い方と夫婦間のストレスの関係性とは?
  • 配偶者と同じ部屋で寝ているか(図表1)
    配偶者と同じ部屋で寝ているか(図表1)
  • 夫婦で一緒に寝るとき、ストレスを感じるか(図表2)
    夫婦で一緒に寝るとき、ストレスを感じるか(図表2)
  • どのようなことにストレスを感じるか(図表3)
    どのようなことにストレスを感じるか(図表3)

ストレスを感じるのは夫よりも妻

   最初の問いは「配偶者とは、同じ部屋で寝ていますか?」。1位は「いつも別々の部屋で、寝ている」(38.0%)。そのあとに、「いつも同じ部屋で、別々のベッド・布団で寝ている」(30.0%)、「いつも同じ部屋で、一緒のベッド・布団で寝ている」(28.0%)が2位、3位と続く。

   「いつも同じ部屋で寝ている」という人が合計58.0%となり、「いつも別々の部屋で、寝ている」人より多いことが分かる。

   続いて、「同じ部屋で寝ている」と答えた人に、「夫婦で一緒に寝るとき、ストレスを感じることがあるか」と聞いた。すると、「よくストレスを感じることがある」「ときどきストレスを感じることがある」「たまにストレスを感じることがある」など、何らかのストレスを感じている人が女性は62.7%いるのに対し、男性は、何らかのストレスを感じているのは35.1%という結果となった。

   このことから、夫より妻のほうが夫婦で一緒に寝ることにストレスを感じていることが分かる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!