JR中央・総武線「住みたい駅」「流行りそうな駅」ランキング 千葉県が上位を席巻!

印刷

   不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULL(ライフル)が2017年8月29日、「JR中央・総武緩行線の駅に関する調査」の結果を発表した。調査対象は、中央・総武線の39駅だ。

   津田沼駅が「最も住みたいと思う駅」の1位、船橋駅が「これから流行りそうな駅」の1位を獲得するなど、千葉県の駅がランキング上位を席巻した。

  • 中央・総武線39駅のどこがいい?
    中央・総武線39駅のどこがいい?

理由は「快速が止まる」から

   津田沼駅は、「最も住みたいと思う駅」で1位を獲得した。1位から10位までは、以下のとおりだ。

1位 「津田沼」 45票 (9.0%)
2位 「市川」 32票 (6.4%)
3位 「錦糸町」 31票 (6.2%)
4位 「船橋」 30票 (6.0%)
5位 「本八幡」 25票 (5.0%)
6位 「小岩」 23票 (4.6%)
6位 「吉祥寺」 23票 (4.6%)
8位 「下総中山」 21票 (4.2%)
9位 「中野」 17票 (3.4%)
10位 「新小岩」 15票 (3.0%)

5位までの顔ぶれをみると、錦糸町駅を除いて千葉県の駅ばかりだ。

   1位の津田沼や2位の市川駅を選んだ理由を聞くと、「東京から適度な距離で、快速も止まり、ある程度栄えているから」「快速が止まるし、少し落ち着いている。東京まで遠くもないので」という声が目立つ。東京に通勤・通学するのに便利で、大型商業施設や閑静な住宅街に近い点が評価されているようだ。

   千葉県の駅は、「これから流行りそうな駅」のランキングでも上位を占めた。

1位 「船橋」 38票 (7.6%)
2位 「千葉」 36票 (7.2%)
3位 「津田沼」 33票 (6.6%)
4位 「錦糸町」 31票 (6.2%)
4位 「秋葉原」 31票 (6.2%)
6位 「新宿」 24票 (4.8%)
7位 「両国」 23票 (4.6%)
8位 「本八幡」 21票 (4.2%)
8位 「小岩」 21票 (4.2%)
10位 「千駄ヶ谷」 20票 (4.0%)
10位 「吉祥寺」 20票 (4.0%)

先のランキングと異なり、秋葉原駅、新宿駅といった文化・流行の発信地も上位に食い込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中