2019年 11月 13日 (水)

25年以上もほったらかし!? 約9割のクリーニング店にある「放置服」の実態

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   全国のクリーニング店の約9割が、衣服を数か月にわたり取りに来ない客を抱えていた。クリーニングの業界団体が初めて実態を調査し、明らかとなった。

   季節の変わり目を迎えているきょうこの頃、クリーニング店を利用する機会も増えるに違いない。ネットでは「クリーニング屋さん可哀想。お客身勝手すぎる」などと話題になっている。

  • 引き取りに来ないから…(写真は、イメージ)
    引き取りに来ないから…(写真は、イメージ)

200点以上「放置」されている例も

   全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(全ク連)が2017年8月、全国から無作為に抽出した組合員を対象に調査すると、回答した427業者の87.4%が「長期間放置品がある」と答えた。長期間放置品は、仕上がり予定日を過ぎて数か月から1年程度経過しても、引き取られていない品物を指す。

   古いものは、25年以上も放置されていた。「一番古いものでいつ頃のものがあるか?」と87.4%の事業者にたずねると、「3~5年未満」(23.2%)がトップだったが、「10~15年未満」(14.0%)や「15~20年未満」(11.1%)、「20~25年未満」(10.0%)、「25年以上」(5.9%)など、2ケタ超えの事例も少なくない。

   長期間放置品の数は、「10~19点程度」(27.2%)、「1~9点以下」(24.2%)、「20~49点程度」(23.9%)、「50~99点程度」(14.5%)、「100~199点程度」(7.8%)、「200点以上」(2.4%)の順だった。

   9月22日朝の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)でも、この調査結果は取り上げられた。番組が取材した創業67年のクリーニング店「GINYOSHA」(東京都中野区)では、約80品が保管されていたという。店のオーナーは

「夏場は高温多湿なので、安定した温度で保管しなければならない。エアコンを付けっぱなしにして25~6度で空調を管理するのが一番大変」

と話した。

   一定期間経ったものは勝手に処分してはいけないのか? J-CASTトレンド編集部が22日、調査の広報を担当する事務局に取材したところ、担当者は

「クリーニング店に預けられた衣類や布団などの所有権は法律上、預けた人にあるため、連絡が取れなくても、店が断りなく処分することはできません」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!