2018年 5月 27日 (日)

DMMはどこに向かう... 「意識高い系用語」に続いて「四字熟語」を擬人化

印刷

   ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMMゲームズは2017年9月22日、四字熟語を擬人化したオンラインゲーム「イディオムガール」のリリースが決定したことを発表した。

   PCブラウザとAndroidに対応。17年冬にリリースを予定している。

  • イディオムガールのキャラクター「一期一会」
    イディオムガールのキャラクター「一期一会」
  • キルドヤのキャラクター「マネタイズ」
    キルドヤのキャラクター「マネタイズ」

擬人化ゲームを多数リリース

   同ゲームは、四字熟語から召喚された「文字乙女(イディオムガール)」とともに、敵から奪われた「漢字」を取り戻すパズル型RPGだ。

   イディオムガールは、「不老不死」「百鬼夜行」など四字熟語の意味をもとに外見や性格が決まる。例えば「唯我独尊」のキャラクターは、全身に炎をまとい、自信に満ちあふれた風貌をしている。性格は、「己ひとりが尊い存在なのだと公言してはばからず、プライドが高い」。

   DMMゲームズは、艦艇を女性キャラクターに見立てた「艦隊これくしょん -艦これ-」のヒット以降、「刀剣乱舞」や「御城コレクション」、「社にほへと」など多数の「擬人化」ゲームをリリースしてきた。同社のお家芸ともいえる。

   文字の擬人化をめぐっては、同社はこれが2作目。「アジェンダ」「エンゲージメント」など、一部で「意識高い系」と揶揄されるビジネス用語をモチーフにしたオンラインゲーム「キルドヤ」を17年8月にリリース(βテスト版)している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中